アンミカ(安美佳)さんはモデルとして活躍するほか、ファッションや美容全般で様々な活動をしています。

ある時はテレビのコメンテーター、またある時はデザイナーとして靴やジュエリーを手掛け、また本も執筆したり…。

多彩に才能を発揮し華やかな活動をされていますが、そこに至るまでには凄い過去がありました。

今回はアンミカさんにスポットを当てます。

スポンサードリンク

アンミカは韓国人?

アンミカ(安美佳)さんは1972年生まれの44歳、大阪府大阪市(鶴橋)出身です。

この出身地でピンと来る方もいるでしょうが、アンミカさんの両親は韓国人です。

そしてアンミカさん自身も韓国・済州島(チェジュとう)生まれで、幼少期に大阪へ移り住んできました。

大阪は歴史的に昔から韓国人や在日朝鮮人の方が数多く住んでおり、その関係から大阪へやって来たものと思われます。


出典:QVC

生活ぶりは貧乏で、他人の長屋の2階部分を借り、実質4畳に家族7人(両親+子ども5人)が暮らすというものでした。

アンミカさんも7年間早朝に新聞配達をしたり、家族みんなで支えあって暮らしてきました。

そして高校卒業後にトップモデルを目指してパリへ一人で移住し、1993年の20歳の時、あの”パリコレ”に初参加を果たします。

その後も世界の様々なファッションショーや広告などに出演し、今では日本と韓国を中心に、

化粧品や服といったファッションアイテムのプロデュースから、阪南大学の特任教授まで、恐るべきバイタリティを発揮してバリバリに活動しています。

↓アンミカさんとコラボしたジュエリー

こういう女性ってたまにいますよね。

何事にも積極的、前向きに取り組んで、とてつもなくエネルギッシュな方が。

そういう方って正直うらやましいですね。

男性の私でも疲れてついていけなくなるのは目に見えていますが…。


出典:MY WORLD OF VOLVO

過去に両親が早死

アンミカさんは兄弟、両親と共に暮らしていましたが、母親はアンミカさんが高校3年生の頃にガンで亡くなっています。

父親も2001年、アンミカさんが32歳の時に亡くなりました。

まだこれから、というときに両親が亡くなり、アンミカさんの心情を察しずにはいられません。

 

特に母親はアンミカさんの将来に大きく関わってきました。

「(アンミカさんは)手足が長いからモデルになれるかも」と褒めたり、美容部員として勤めていたため、

化粧の仕方やキレイに見える姿勢、仕草をアンミカさんに教えてくれました。

またアンミカさんが子どもの頃に、階段から転落して顔に大けがをしてしまったとき、母親はずっと気にかけていて、アンミカさんを励まし続けたといいます。

まさに量ることのできないほどの母の愛が、アンミカさんというスーパーウーマンを作ったんですね。


出典:TI-DA

アンミカさんの夫は?セレブ?次ページで!