2016年11月の記事一覧

一度見たら忘れない、衝撃的な容姿とメイク顔を持つ

バブル芸人・平野ノラさんが最近人気急上昇中!

バブル時代を生きてきた人たちからの共感もさることながら、

知らない若い人たちも巻き込む勢いはホンモノです!

そんな平野ノラさんについて紹介していきます。

nora1
出典:お笑いナタリー

バブル芸人・平野ノラとは?

平野ノラさんは1978年生まれの38歳。

東京都出身の女性です。

バブル時代を表す文化や言葉を巧みに用いた芸風で

最近人気を集めています。

平野ノラさん自身、バブルの頃は10歳あたりでしょうか。

お父さんが不動産関係の仕事をしていたようで、

まさにバブルの真っただ中で育ってきたことでしょう。

ただ、夜の街や文化については子ども時代ということもあって、

さすがに体験していないと思いますが・・・

 

高校卒業後、お笑い芸人をめざしオーディションを受けるも落選。

そこで熱が冷めてしまい、OLとして社会人になります。

しかしOLとして過ごす毎日に人生の目標を見失い、

挫折感に打ちひしがれて絵を描くようになったとのこと。

そのうち、再びお笑いの世界が平野さんの目の前に現れるようになり、

再びお笑いの世界の門を叩くことになります。

その時、既に31歳。

 

芸能プロダクション・ワタナベエンターテイメントが

運営する養成学校に入学しますが、

当時付き合っていた男性のプロポーズを断ってまで

お笑いの道を再び歩き始めたそうです。

この並々ならぬ決意、

本気で自分の道を切り拓こうとする姿勢は

尊敬しか出来ません!

nora3
出典:お笑いナタリー

 

ピン芸人として一人で頑張る平野ノラさん。

単独ライブは徐々に人気を呼び、

様々な分野の有名人が足を運ぶまでになりました。

2015年には主演DVD「バブルは、そこまで来ているゾ!」が発売。

2016年にはシングルCDをリリースするまでに!

 

そして現在では様々なバラエティ番組に引っ張りだこです!

 

平野ノラのメイクがすごい!

nora2
出典:twitter.com

平野ノラさんの特徴である、通称『バブリーメイク』。

ポイントは

「すっごい太眉」

「真っ青なアイシャドウ」

「どギツイ口紅」

でしょうか。

 

そして髪型は「ワンレン(ワンレングス)」

「ソバージュ」と呼ばれるもの。

真っ赤なジャケットは肩パット入り。

 

本当にこんなスタイルがバブル時代なの?

と思っている方もいるかと思います。

この写真を見てください。

b1
出典:YouTube

 

いたんです。

 

当時はコレが日本における流行の最先端だったのです。

きっと平野ノラさんの芸を見て

涙しているお父さんたちは少なくないのでは!?

 

この頃のスタイル最前線は、工藤静香さんに・・・

kudo

浅野温子さん&浅野ゆう子さんのW浅野・・・

b2
出典:ミドルエッジ

 

そして肩にかかるナゾの電話。

昔はコレが「携帯」できる電話だったんです!

車に乗せて使うのが一般的で、

この様に持ち運んで使うのは一般的ではありませんでした。

今でこそ当たり前の、ポケットに入る携帯電話、

技術の進歩を実感するワンシーンです。

phone
出典:@DIME

平野ノラのすっぴん素顔がヤバい?

そんな平野ノラさん、実はすっぴん素顔を公開しています。

それがこちらです!

nora4
出典:twitter.com

 

え、普通にキレイじゃん!

マブいじゃん!(バブリー語)

 

そうです。

メイクを落とせば、かなりの美人さんなのです!

しかしそこは厳しい芸能界、

そんじょそこらのカワイイだけでは生き残れません。

平野ノラさんにしか出来ない芸・メイクで

彼女は勝負しました。

そして見事、彼女は勝ちました!

 

まとめ

  • 平野ノラさんは1978年生まれの38歳。
    芸人の道を一度は挫折し社会人として過ごすも、
    諦めきれずに再び芸人の道へ
  • 『バブリーメイク』で太眉、真っ青アイシャドウ、ドギツい口紅を。
    肩パット入り真っ赤なジャケットとショルダーホン(肩掛け携帯電話)でキメる!
  • メイクを落とせば美人なすっぴん素顔が!意外といえば意外・・・??

しかし、このバブリーネタも正直いつまでウケるのかわかりません。

飽きられるのも早い気がします。

今後はこの芸に代わる新ネタを創ることが重要ではないかと私は思います。

でないと、輝ける「一発屋」の仲間入り、という

ありがたくない称号が手に入ってしまいます・・・

 

バブルのように、うなぎのぼりの人気が弾けないよう、頑張ってほしいです!

お笑い芸人, タレント

様々なドラマ、映画、CM、バラエティ番組に出演し、

活躍の幅を広げている高梨臨さん。

最近ではNHKの朝ドラ「花子とアン」に出演し、

一気に認知度が高まりました。

清純派(?)な雰囲気が漂う高梨臨さんについて紹介します!

takanashi2
出典:twitter.com

高梨臨が歌う曲やCDについて

高梨臨さんは1988年生まれの27歳。

千葉県船橋市出身です。

スカウトされ芸能界入り、

当初はグラビアアイドルとして活動していました。

 

そんな高梨臨さん、歌が好きなようで、

度々バラエティ番組でも歌う姿が見られます。

実は、過去に1枚だけCDを発売したことがあります。

 

2005年に「アイドル道」という番組内での

オーディションに参加し優勝、

「ピンクジャムプリンセス」という5人組の

アイドルグループを結成しました。

そして2006年に「パイナップルプリンセス」という

シングルCDを発売、PVを収録したDVDも付きました。

しかし同年に突然解散し、ピンクジャムプリンセスは

シングルCDを1枚発売しただけで実績を残さずに

姿を消してしまいました。

 

残念ながら「高梨臨」としての曲やCDはありませんが、

将来ソロデビューも期待できるのでは?

と思っています。

takanashi3
出典:あやべグンゼスクエア

高梨臨の出演ドラマは?

舞台やポスター等で活動していましたが、

ドラマにも端役で出演するようになりました。

2009年には「侍戦隊シンケンジャー」の

メインキャラ5人のうちの1人として出演。

注目が集まるようになりました。

 

その後も「ドクロゲキ」「パパドル!」

「カラマーゾフの兄弟」などのドラマに出演。

そして2014にはNHKの「花子とアン」への

出演を果たしました。

 

「ヒガンバナ」では堀北真希や檀れい、

「Dr.倫太郎」では堺雅人と共演するなど、

女優としての実力を開花させ、

重要な役柄を多く演じるようになりました。

 

これからは主役級として出演するドラマが

作られる日も近いのではないでしょうか。

 

なお、CMでも、シャンプー「アジエンス」や、

JR東日本「ビューカード」といった

一流商品のCMに出演、

視聴者の目に触れる機会は多いです。

takanashi1
出典:ホビー・フィギュア・アニメまとめネット

高梨臨に彼氏はいるのか?

さて、女性よりも圧倒的に男性に人気のある高梨臨さんですが、

気になるのは恋人がいるのかいないのか、という件。

 

残念ながら(?)、 熱愛報道が既に流れています!

お相手はなんと、Jリーガーで日本代表の槙野智章さんです!

浦和レッズの要のディフェンダーとして知られていますが、

槙野さんは高梨臨さんの2歳年上で、

年齢差もまったく問題ありません。

むしろピッタリすぎるくらい!?

お似合いのカップルですね!

makino
出典:浦和レッドダイアモンズ

まとめ

  • 高梨臨として出している曲やCDはないが、かつて結成していた
    アイドルグループ「ピンクジャムプリンセス」としては、
    「パイナップルプリンセス」というシングルCDを出していた
  • 「花子とアン」「ヒガンバナ」「Dr.倫太郎」「パパドル!」
    など、数々のドラマに出演実績がある
  • 彼氏として報道されているのは、Jリーガーで日本代表の槙野智章さん

 

今後も新たなニュースから目が離せない、将来有望な女優さんだと思います。

これからの活躍に期待しましょう!

女優

ドラマ、映画でほぼ見かけるといっていいほど、

多くの作品に出演している寺島進(てらじま すすむ)さんですが、

年の差婚の奥さんとのお子さんで、育児にも積極的に関わる

良きパパとしての一面も注目されているようで、

今回はそんな寺島さんについて色々と調べてみました。

terajima2
出典:FILT

寺島進について

寺島進さんは1963年生まれ(53歳)の俳優で、東京都出身です。

近年では大河ドラマ「真田丸」に出演、

主役級を支える忍びの役を好演しました。

一見コワモテで、役柄もそういったものが多いですが、

映画、ドラマ、バラエティと、枠を定めることなく

多方面で活躍しています。

terajima1
出典:gooニュース

奥さんと育児に奮闘?

寺島進さんは46歳の時(2009年)に、

18歳年下の一般女性と結婚しました。

翌年には長女が誕生、後に長男にも恵まれ、

2児の父として子育てに頑張っているようです。

 

ちなみに長男が誕生した時に、

寺島家として家訓を定めたそうです。

「愛・恩義・結束力」

奥さんとの仲もとても良いらしく、

暖かくも強い家族愛が感じられます。

寺島進さんのような父親の背中を見て育ったら、

他の男は相手にならないだろうなあ~、と

思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

寺島進の出演作品は?

もともとドラマのチョイ役でデビューした寺島さんは、

その後も名無し役を中心にキャリアを積んでいきます。

中でもヒットしたのが「踊る大捜査線」の木島丈一郎役、

「アンフェア」の山路哲夫役などです。

また、主演しているる「土曜ワイド劇場 再捜査刑事・片岡悠介」

シリーズも、もうすぐ10作品目に達するほど製作されるほど、

単発ドラマとしては安定した人気を誇っています。

 

映画でも松田優作監督の「ア・ホースマン」に出演し、

その後も松田優作さんとは深い絆で結ばれていたそうです。

映画は数々の作品に出演し(脇役的な役柄が多い)、

ヤクザものVシネなんかにも多く関わっています。

しかし、大きく影響したのは北野武監督作品でしょう。

「HANA-BI」「BROTHER」「ソナチネ」などに出演、

今でも北野武さんの事務所「オフィス北野」に所属しています。

terajima3
出典:拝啓活動写真様

寺島進の武勇伝とは?

下町育ちの江戸っ子・寺島進さんですが、

その昔、「深川極悪」という暴走族にいたとか・・・

都内の他グループと大分ヤンチャしていたそうで、

「築地や板橋の先輩方にお世話になった」と

以前テレビで語っていたそうです。

あの顔なら十分うなずける・・・

 

まとめ

今回は寺島進さんについて語ってきましたが、

何とも顔立ちがカッコ良すぎでしょ!

男が惚れる男というか、生き様とか、

なれるものではないけど、憧れる部分がありますね。

これからは主役級の露出が増えていくことを期待しています!

俳優

グラビアアイドルとして人気を誇る”さのひな”こと佐野ひなこさんですが、

最近ではドラマ、バラエティなどのテレビにも積極的に出演し、

一気に活躍の場を広げています。

sanohina1
出典:VOCE

そんな佐野ひなこさんですが、

高校生の頃に部活で「あること」に夢中でした。

一体何なのでしょうか?

まずは佐野ひなこさんのプロフィールから紹介します。

 

芸能界へのきっかけは高校2年生の時の出来事・・・

 

佐野ひなこさんは1994年生まれの22歳。

芸能界へのきっかけは、高校2年生の頃に始めた「読モ」(読者モデル)でした。

彼女は多摩大学目黒高校に在校中、女子高生モデルとして人気を集めました。

 

その後、ホリプロスカウトキャラバンに応募、最終選考まで残りましたが、

惜しくもグランプリには輝きませんでしたが、

そのままホリプロへ所属することとなり、

佐野さんは大学生と芸能人の二重生活を送ることとなりました。

sanohina2
出典:NAVERまとめ

中学、高校と続けるほど○○に夢中!

実は佐野ひなこさんは、中学、高校ともに部活で

「軽音楽部」に所属していました。

なんとギターを弾いていたそうです。

 

もともと子どもの頃よりピアノを習っており、

小学生の頃より好きだった椎名林檎や、

東京事変などをコピーするようになったとのことです。

 

軽音楽部ではコピーバンドを結成し、

ステレオポニーやチャットモンチーといった

ガールズバンドのコピーをしていたそうです。

佐野ひなこさんほどの可愛いギタリストがいたら、

そのバンドはもう話題沸騰だったでしょうね!

 

華々しい世界へのステップだった!?

考えてみれば、音楽もモデルも、立派な芸能活動です。

その2つを両立させ、充実した高校生活を送っていた

佐野さんにとって、芸能界への本格デビューは

ごく自然な流れだったのではないでしょうか。

sanohina3
出典:4Gamers.net

”さのひな”の魅力を倍増させる、まさに刺激的なスパイス!

現在では「デスノート」のミサミサ役や、

パズドラのCMに出演するなど、

表舞台への露出もグッと増えてきています。

また写真集も発売し、刺激的なカットで

世の男子を骨抜きにしている模様!

 

競争の激しいグラビア業界で、

佐野ひなこさんだけにあるアピールポイント、

それが「音楽」ではないでしょうか。

ギター、ピアノを弾きこなすグラビアアイドルといったら、

佐野ひなこさんをおいて他にはいないでしょう。

そのような特技も、素晴らしい魅力の一つでしょう。

 

「ミュージシャン系グラビアアイドル」として、

これから歩む道に興味が出てきますね!

グラビアアイドル, タレント, モデル

TAKAHIRO(上野隆博)さんは世界的に高い評価を得ているダンサーです。

様々な作品を手がけ、数々のテレビ番組にも出演していますが、

まだ知らない方へ、まずはTAKAHIROさんの紹介をしたいと思います。

takahiro2
出典:twitter.com

どんなプロフィールなの?

TAKAHIROさんは1981年生まれの35歳。

東京都出身で、大学まで都内で過ごしますが、

大学卒業後、なんとアメリカへ渡ります。

 

大学生の頃に熱中していたストリートダンスの武者修行です。

アメリカではあるテレビ番組に出演します。

かつてはマイケル・ジャクソン(ジャクソン5時代)も

出場した、歴史あるコンテスト番組です。

この番組で9週連続優勝、当時の記録を塗り替え、

見事殿堂入りを果たしました。

 

そこからは、あのマドンナを振り向かせるほどの活躍を見せ、

なんとマドンナのワールドツアーに帯同しました。

ほか、日本でも人気のシルク・ドゥ・ソレイユや、

ラスベガスといった華々しいステージで

パフォーマンスを繰り広げます。

 

その活動は世界でも名声を得ることとなり、

著名誌ニューズウィークの「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれました。

apollo1
出典:add7

歌手?ダンサー?クリエイター?振付師?

公式サイトには「プロダンサー」とありますが、

その横には「クリエイター」とも書かれています。

自らダンスをするだけでなく、ダンスを基軸とした各種パフォーマンス、

歌の振付、ファッションショーの歩き方等、

人が動くことに関する様々なことに関わっています。

 

それは既に「ダンサー」の域を超え、まさに「クリエイター」。

TAKAHIROさん自身はかつてハリウッド映画(Battle of the year)にも出演し、

その活動域は、世界中が舞台です。

takahiro1
出典:MARBLE

手掛けた作品はどんなのがあるの?

  • 欅坂46 サイレントマジョリティー
  • 乃木坂46 隙間
  • 大河ドラマ 平清盛
  • ファッションショー ルイ・ヴィトン、ラルフ・ローレン、フランク・ミュラー
    (一例です)

このような一流のものばかりが、TAKAHIROさんによって創られました。

まさに世界に認められた日本の至宝。

日本においても精力的にダンスの普及活動を行い、

国の事業や教科書にも参画しています。

 

これからも大活躍が期待されます!

ダンサー, 芸術, 達人

error: Sorry, Content is protected...