ども、クマ船頭です!

ろうけつ染め」をご存知ですか?

1,000年以上も前から伝わる伝統の

染め方で、その伝統を受け継ぐ美人職人

作家として古屋絵菜さんが沸騰ワード10

に出演し注目を集めています。

大河ドラマ「八重の桜」でも登場した

古屋絵菜さんの作品個展情報、通販

価格についてもお知らせしていきます!

スポンサードリンク

古屋絵菜とは

古屋絵菜(ふるやえな)さんは、

1985年生まれの32歳、山梨県甲州市

(旧・山梨県大和町)出身です。

中央道の笹子トンネルや武田氏終焉の地で

有名なのが旧大和町です。

 

山梨県立日川高校を卒業した古屋絵菜さん

は、東京の武蔵野美術大学へ進学します。

武蔵野美術大学では日本画を学ぼうと

考えていたのですが、就職先がないと

親から言われ、工芸工業デザイン科へ

進みました。

そこではテキスタイル(織物、服飾)の

ことを学び、そこで「ろうけつ染め」に

本格的に取り組むことになりました。


出典:山梨県

大学卒業後は大学院や東京での制作活動を

経て、中国の上海大学へ留学します。

外国の文化や技術を学び、留学を終えて

帰国後、再び地元の山梨へ戻りました。

そして山梨を拠点に「ろうけつ染め作家・

古屋絵菜」としてのスタートを切ります。

スポンサードリンク

ろうけつ染めとは?母親も作家?

ろうけつ染めとはあまり聞き慣れない言葉

ですが、染め物の一種です。

布にロウソクのロウを塗って染めると、ロウ

を塗った部分は染まりません(防染)。

つまり、ロウを塗っていない部分が染まるの

です。


出典:山梨県

これを利用して生地に模様を描くのが

「ろうけつ染め」なのです。

ろうけつ染めは日本だけでなく、むしろ発祥は

海外です。

今でもインドネシアやマレーシアといった

東南アジアでは伝統的に使用されている技法です。

 

アジアンなテーブルクロス ソファーカバー インドのろうけつ染め布 コットンバティックのテーブルカバー ファブリック〔185cm*115cm〕

 

実は古屋絵菜さんの母親もろうけつ染めの

染物作家で、いわば芸術一家で育ったのが

古屋絵菜さんです。

大学で日本画を学ぼうと思いつつ、結局

ろうけつ染めの道へ進んだのも、母親の

影響があるんですね。

古屋絵菜さんの母親は、古屋真知子

(ふるやまちこ)さんという染色作家です。

 

古屋真知子さんは著名な染色作家で、その

作品は高校の教科書にも採用されています。

日本を代表する公募展覧会である日展

(日本美術展覧会)にも数多く出展し、

ろうけつ染めだけでなく、渋染など染め物

全般に作品を製作しています。

山梨県ではかなり知られた存在のようです。

古屋絵菜さんは、女流二代目の染色作家

なんですね。

スポンサードリンク

古屋絵菜のろうけつ染め作品!大河ドラマ八重の桜にも!

古屋絵菜さんが大きく注目を集めたのが、

2013年の大河ドラマ・八重の桜でオープ

ニングのタイトルバックに採用されたこと

でした。

新しい考え方や行動を示した新島八重と

いう女性を主人公に描いたドラマでしたが、

その力強い花を見事ろうけつ染めで表現

したのでした。


出典:ステージンヤマナシ

また黒色が印象的な背景は、古屋絵菜さん

が東日本大震災の復興を願って弔いの思い

を表現したそうです。

NHKの大河ドラマが復興支援という面も

担っていたことから、思い切った配色を

しています。

生と死を感じさせながらも、誇り高い高貴

な雰囲気も醸し出す、古屋絵菜さん

ならではの作品に仕上がりました。

 

古屋絵菜の個展情報!場所や日付は?ろうけつ染め作品の通販や価格は?次ページで詳しく!