多岐川裕美の娘として知られている華子(はなこ)さんですが、「しくじり先生 俺みたいになるな!」に出演します。

常に「多岐川裕美の~」という枕詞がつきまとっていた印象がありますが、

名前も改名し、目まぐるしく変わる華子さんの状況について調べてみました。

華子さんの年収、出演番組、彼氏についても記します。

スポンサードリンク

華子とは

華子さんは1988年生まれの28歳、神奈川県出身です。

芸能事務所を抱える阿知波信介さんと女優・多岐川裕美さんの一人娘として、サラブレッドのような存在でした。

そんな家族に囲まれれば、華子さんも芸能界を目指しても何の不思議もありません。

そもそも華子さんにとって、芸能界入りすることは自身も周りも当然だったでしょうね。

言い方が悪いかもしれませんが、大分チヤホヤされたのではないでしょうか。


出典:twitter

二世タレントと言えば、こんな方もいます。

状況は大分異なりますが…!

小園凌央(ヒロミ・松本伊代の息子)はただの二世タレントではない?【行列】

 

2004年、「多岐川華子(たきがわ はなこ)」として15歳でCMデビューし、

翌年にはいきなり写真集が発売され、その後アニメ作品のパチンコCM「創世のアクエリオン」に出演し、

主題歌と共に華子さんが注目されました。

またプライベートでも彼氏がいるとの報道から、後に松方弘樹さんの次男・仁科克基さんと

2010年に結婚しましたが、わずか1年後には離婚しています。

そして2016年に所属事務所を母親である多岐川裕美さんと同じ所へ移し、

活動名を「多岐川華子」から「華子」とし再出発を図っています。

 

そもそも、何故改名したんでしょうね?

私には、母と事務所は同じになったとはいえ、これまでつきまとっていた「多岐川」という看板を超えようとする意志の表れだと思います。

「華子」という自分を見てほしい、親とは違った自分を出すんだ、そういった強い決意が私には伺えました。


出典:twitter

華子の出演番組は

デビュー2年後には映画に初主演(旅の贈りもの 0:00発)するなど、滑り出しは好調で、

その後テレビドラマにも多数出演、特に刑事もの、サスペンス、ミステリーなどが多いです。

他にもバラエティ番組で「奇跡体験アンビリーバボー」「踊る!さんま御殿!」などでトーク力を爆発させ、

その後「志村けんのバカ殿様」「志村座」など、志村けんさん主演の番組に多く出るようになり、志村ファミリー入りも果たします。


出典:twitter

華子の彼氏は誰?年収はいくら?次ページで!