こんにちは、クマ船頭です。

今日はいちごが食べられると聞いてやってきましたが…

え!一粒5万円!…なんじゃそりゃーっ!!

と、絶叫したくなるようなイチゴが世の中にはあるのです。

「ジョブチューン」で紹介されるので、一生買わないなとは思いつつも、やっぱり気になるいろいろな事を調べてみました!

スポンサードリンク

咲姫(さきひめ)の味と評判は?

咲姫(さきひめ)は大粒で糖度がとても高い(15度くらい)品種としてリピーターが多く、評判を呼んでいる品種です。

「さがほのか」と「やよいひめ」から生まれた新品種のいちごです。

これを生産するのは佐賀県で中村いちご農園を経営する中村和好さんとその息子である弘太さんの2人だけ。

よって生産量が少なく、すぐに売り切れてしまうこともあるとか。

1パック1,000円程度からあるので、とてつもなく高いわけでもありません。

十分に手が届く価格なのは有難いですね。

 

美人姫(びじんひめ)の味と評判は?

美人姫(びじんひめ)は、岐阜県羽島市にある奥田農園・奥田美貴夫さんが品種改良のうえに開発した、とっておきのいちごです。

一番の特徴はその大きさ。

大きいものだとなんと100グラムもあるとか!

糖度も13度以上と甘く、色も濃厚な輝く紅色です。

最高級品の美人姫は、なんと1粒5万円!いちごなのに桐箱に鎮座しています。

 

もちろん普通の人はそんなのを食べようとはしませんよね!?

結婚式のケーキやお祝い事などに使うのが普通のようです。

せめてこの12個入りでも、通常のいちごの10倍以上の値段はするようです。

バブリーキャラの平野ノラさんなら、きっとこれでジャムでも作るでしょうね(笑)

その名も「天使の実」!味と評判は…次のページに!