こんちは、クマ船頭です!

作家の家田荘子(いえだ しょうこ)さんは「極道の妻たち」「ザ・麻薬」などアンダーグラウンドな話題を取り扱う話題の作家でした。

が、プライベートでも結婚・離婚を繰り返し、突如出家までしてしまいます。

今回「爆報!THEフライデー」に登場する家田荘子さんの壮絶な人生や子供(娘)の今現在についてもお伝えします。

スポンサードリンク

家田荘子の年齢や経歴とは

家田荘子さんは1958年生まれの58歳、愛知県武豊町出身です。

愛知県立半田高校に通っていた頃から女優活動をしており、テレビや映画に出演していました。

やがて上京し、日本大学芸術学部放送学科へ進学、卒業後は高野山大学大学院へ進んでいます。

その後、OL、編集者、コンパニオン、ウェイトレス、取り立て屋など10以上の職業を転々としますが、作家という職業にたどり着き、1985年には初めての本(俺の肌に群がった女たち)を発売します。

粘り強くも膨大な取材をこなし、それに基づくリアルな作品が家田荘子さんのスタイルで、映画で有名な「極道の妻たち」も難しい取材を2年も行ったようです。

そして1991年には「私を抱いてそしてキスして エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録」で大宅壮一賞を受賞します。

こちらもアメリカへ行き、資格を取得して黒人女性のエイズ患者と同居して、病に対する自分の意識が変わるまで2年かけて取材を行いました。

その本を読んだ女優の南野陽子さんは、自ら映画化の企画を立ち上げ、主演での映画上映を実現しました。

家田荘子さんは、社会的に目が背けられている問題や人に光を当て、世間に問う作風が特徴とされています。

1日1人は取材をする!と決め、それを本当に実行しているようなので、本当に凄い方だと思います。


出典:PRESIDENT ONLINE

離婚3回、結婚4回の旦那たち

家田荘子さんは何とびっくり、結婚歴4回の人生の達人です。

 

1人目は1冊目の本「俺の肌に群がった女たち」で取材した黒人男性です。

3年ちょっとで離婚してしまいます。

 

2人目も黒人男性で、ハワイで出会ったアメリカ人です。

「極道の妻たち」の内容が騒動を巻き起こし、逃げるように訪れたハワイで出会ったようです。

ここでハーフの長女を出産しますが、ヒモになり下がった夫に愛想をつかし離婚となります。

しかも親権を取られ養育費まで払うことに…。

 

3人目でようやく日本人です。

しかも、初対面が取材で訪れた東京拘置所。

またまた金銭的に依存され、結局は離婚という結末に…。

 

そして4人目は、2003年、家田さん44歳のときに修行中の登山で出会った1歳年上の実業家の日本人(笑)です。

しかもこの方はこれまでと違って精神的にも金銭的にもしっかりと自立した方だそうで、これには家田さんも大満足のようです。

しかしこう見ると、家田荘子さんはすべて出会った時の感じで男を決めているのでは?とも思ってしまいます。

しかもかなりのハズレ率…。

ここまで不幸が続くとかわいそうになってきてしまいますが、最後には素晴らしい旦那さんをゲットしたようで良かったですね!

衝撃理由で出家し僧侶に!唯一の子供の今現在は?次ページで!