衝撃理由で出家し僧侶に!

家田荘子さんは日々様々な取材を重ねており、しかもそれは重いテーマのものばかりです。

精神的にとても重圧のかかる仕事であり、その疲労は計り知れません。

エイズの黒人女性と過ごしていた時は、その女性が最後亡くなってしまいますが、家田さんは死後の彼女の姿が見えたといいます。

そう、家田さんは霊感が強いのです。

 

家田さんによると、さまよっている霊を救おうと受け止めているうちに、自分の身体が持たなくなってしまった。

でも知人に「行」(水行、護摩行など)を勧められて実施したところ、回復できたのだそうです。

それから仏教の世界に深く興味を持ち、母校である高野山大学で儀式を行い、正式に僧侶の資格を得て、出家扱いとなったのでした。

 

それから家田さんはかなりスピリチュアルな意識を高く持つようになり、水行(海や川に身を浸からせたり、頭から水をかぶること)は外出先でも積極的に行っています。

一見他の人からすると奇妙な行動と思えるのですが、家田さんにとっては「行」が自身を災いから解放する術であり、ライフワークとなっているのです。

出家と言えば、先日女優の清水富美加(しみず ふみか)さんが、幸福の科学で出家し「千眼美子」(せんげん よしこ)と改名しました。

家田さんは清水富美加(千眼美子)さんの告白本「全部、言っちゃうね」を読み、清水富美加さんが霊感が強いことを知ると、理解を示していました。

家田さんも清水さんも霊感が強いという点で共通し、常人には理解できない理解があったのかもしれませんね。

千眼美子の名前の由来は?清水富美加が告白本を発売!内容は?幸福の科学で出家!

スポンサードリンク

4度の家田荘子の子供(娘)の今現在は?

家田荘子さんには、2人目の元旦那(黒人アメリカ人)との間にハーフの娘さんがいます。

名前はジュリアーナさんといい、離婚後は親権を持つ元旦那が育てました。

今では元旦那は再婚し、ジュリアーナさんは新しいママとも上手くやっているようですが、家田さんとも電話で度々話すそうです。

ジュリアーナさんはアメリカ南部のフロリダで暮らし、2014年にはめでたくママとなったようです!

DJの旦那さんと子育てをしているようで、家田荘子さんも孫が出来たわけですが、家田さん自身がジュリアーナさんを子供よりも遠い存在と感じているようで、孫も実感があまりわかないのかもしれません。


出典:家田荘子ブログ

まとめ

  • 1958年生まれの58歳、愛知県武豊町出身
  • 愛知県立半田高校、日本大学芸術学部放送学科、高野山大学大学院を卒業
  • 女優など10以上の職業を転々とし、最後に作家となる
  • 膨大な取材を基にしたノンフィクションが主で、大宅壮一賞も受賞
  • 代表作は「極道の妻たち」「私を抱いてそしてキスして~」「イエローキャブ」など
  • 3回の離婚と4回の結婚歴
  • アメリカ人の元旦那との娘・ジュリアーナがフロリダに住んでいる。仲は良好
  • 霊感が強く、最終的には僧侶の資格を取得し出家する

家田荘子さん、強烈です…。

2人といない人物だと思いますよホントに…!