池田貴族の残された妻と娘の今現在は?

ライブから半年後のクリスマスの日。

1歳10か月のもうすぐ2歳になる娘に向かって、「美夕、ママを頼むよ」

そう言い残して池田貴族さんは亡くなりました。享年36歳です。

「どうしても美夕が3歳になるまで生きていたい。そうすれば美夕はパパのことを覚えていてくれる」

池田貴族さんはそう心から願っていましたが、叶うことはありませんでした。


出典:産経新聞

夫が亡くなったのち、池田一美さんは故郷の三重県に美夕ちゃんと戻ります。

気持ちの整理がつくまで、どれだけの時間が必要だったことでしょう。

美夕ちゃんが「パパは?」と聞くと、「お仕事が忙しいんだよ」とウソをついてしまったそうです。

 

再び歩き始めたとき、一美さんは介護士になることを決意します。

それにはもちろん、一連のつらい出来事が大きく影響しています。

実は一美さんは子育てと貴族さんの世話が重なり、疲れ果てて貴族さんの介護が十分にできなかったのです。

うつ病のような状態に陥ってしまった一美さんは、貴族さんが亡くなる2日前、「もっと一緒にいたい」という

貴族さんを振り切って、美夕ちゃんと一時外出してしまったのです。

しかしその後貴族さんの病状が悪化し、2人は別れの言葉も満足に交わせないまま、貴族さんは亡くなってしまいました。

このことを一美さんは非常に後悔したとのことです。

 

そして2002年、一美さんは介護士として働き始めました。

貴族さんへの後悔が、週5日17年間働き通した実績を創り上げてしまったのかもしれません。

押しつぶされそうな現実に向き合い、他の人の助けになるような道を選ぶ一美さんを、心から尊敬する気持ちになれました。

スポンサードリンク

そして現在、美夕ちゃんは18歳になり、劇的に変わります…

なんと…ア、アイドルになっちゃってました!!

詳しく語ると長いので、下の記事へどうぞ!

池田貴族の娘・美夕はアイドル・スラッガーズ(Sluggers)の結奈?メンヘラ?かわいい画像も【爆報THEフライデー】

 

まとめ

  • 1963年生まれ、愛知県名古屋市出身
  • 本名は池田貴(いけだ たかし)
  • 愛知県立千種高校卒業、同校の先輩に舘ひろしさんがいる
  • ロックバンドremote(リモート)を1987年に結成し渋谷のホコ天やテレビのイカ天で人気に
  • 1996年に肝細胞がんが発覚する。同年一美さんが妊娠し、入籍する
  • 手術は成功するも翌年再発。再手術し抗がん剤治療が始まる。
  • その後、長女の美夕(みゆう)ちゃんが誕生
  • 1999年、伝説のライブ「大生前葬」が名古屋で開かれ、舘ひろしをはじめ多くの著名人がチャリティーライブにノーギャラで応える
  • 1999年のクリスマス、池田貴族さん死去。享年36歳。
  • その後一美さんと美夕ちゃんは故郷の三重県に戻り、一美さんは介護士として働く

いや…凄い話を知ることが出来ました。

生きてるってこと、それ自体が幸運なんじゃないかと思えてきてしまいます。

まさに命を次につなげるということが、この事なんじゃないかと感じました。