ども、クマ船頭です!

「昭和を代表する、カッコよくて美しい

女優と言えば?」と聞かれたら、

あなたはどなたを思い浮かべますか?

 

もちろん候補は何名かいらっしゃるとは

思いますが、今回注目したい女優さんは、

梶芽衣子(太田雅子)さんです!

映画『女囚さそり』シリーズや

ドラマ『鬼平犯科帳』シリーズへの

出演などで知られていますね。

「爆報THEフライデー」にも出演した

梶芽衣子さん、なんでも、

若い頃の過去画像があまりに美人

だったり、独身を貫く驚きの理由など、

気になる話題がいっぱい。

ということで、今回は梶芽衣子さん

について調べていきます!

スポンサードリンク

梶芽衣子のプロフィールや経歴は?

まずは、梶芽衣子さんのプロフィールや

経歴をご紹介します。


出典:Amebaブログ

 梶 芽衣子(かじ めいこ)

 本名:太田 雅子(おおた まさこ)

 生年月日:1947年3月24日(70歳)

 出身地:東京都

 身長:163cm

 所属事務所:オフィスカネダ

 

以下が略歴です。

・1965年

八雲学園高等学校を卒業後、日活へ入社。

映画『悲しき別れの歌』にて本名の

太田雅子で女優デビュー。

映画『青春前期 青い果実』にて初主演。

1969年

芸名を現在の梶芽衣子へ改名。

・1970年

映画『野良猫ロック』シリーズの主演を

果たし(5作中4作で主演)、

人気を集める。

『大江戸捜査網』などテレビドラマにも

出演。

・1971年

日活を退社し、フリーとなる。

・1972年

東映に入社。『銀蝶』シリーズや

女囚さそり』シリーズに出演。特に

女囚さそりシリーズは梶芽衣子さんの

代表作の一つと言え、この作品で一気に

ブレイク。主題歌の『恨み節』も歌い、

曲もヒット。

他にも多くの映画やテレビドラマに出演。

その後も1978年の映画『曾根崎心中』

ではブルーリボン賞-主演女優賞をはじめ

国内の主要映画賞を複数受賞したり、

テレビドラマ『鬼平犯科帳』シリーズには

密偵・おまさ役で長年出演するなど、

活躍を続けてきました。

梶芽衣子さんは歌手としての活動も

しており、前述の『恨み節』をはじめ、

『銀蝶渡り鳥』(銀蝶渡り鳥主題歌)や

『修羅の花』(修羅雪姫主題歌)などで

自身が出演する映画の歌も担当

したりしながら、1994年までに

シングル20枚、アルバム11枚の

リリース(レコード・CD)をしてきました。

2009年には25年ぶりの新曲である

『女をやめたい』を、2011年には

31年ぶりのアルバムとなる

『あいつの好きそなブルース』を

それぞれリリース。

さらには2017年3月に6年ぶりの新曲、

『凛』をリリース。

 

現在70歳の梶芽衣子さんですが、

最近でもドラマやバラエティ番組に

出演されていたり、新曲発表やライブ活動

を行うなど、活躍を続けています。

 

ちなみにですが、

キル・ビル』などで知られる映画監督

クエンティン・タランティーノさんは、

梶芽衣子さんの大ファンなんだとか。

その証拠に、『キル・ビル』において

『修羅雪姫』をオマージュした演出や、

挿入歌として『修羅の花』『恨み節』を

使用。

改めて、すごい女優さんなんだなという

ことがわかりますよね。

スポンサードリンク

梶芽衣子の若い頃の過去画像が超美人と話題!

梶芽衣子さんは現在も70歳とは思えない

美貌の持ち主ではありますが、若い頃

過去画像がとにかく超美人だと言われて

います。

それがこちら↓


出典:NAVERまとめ


出典:NAVERまとめ

まさにクールビューティー!

さそりを演じていた頃はまだ20代だった

梶芽衣子さんですが、キレイでかっこいい

大人の女性という感じがします。

一気に人気が出たのも納得ですよね。

スポンサードリンク

梶芽衣子は婚約者がいたのに結婚しなかった!?その理由とは?

梶芽衣子さんは、実は現在も独身。

かつて婚約者はいたものの、これまで結婚

せずにきたようです。

いったい何があったのでしょう?

 

梶芽衣子さんは、『女囚701号/さそり』を

撮影していた1972年当時、大手レコード

会社のディレクターとの縁談が進んでいた

そうです。

梶芽衣子さんはこの作品を最後に芸能界を

引退し専業主婦になる、との決意も

されていたよう。

 

しかし、この映画が予想以上のヒットと

なり、続編が企画されることに。

最初は結婚を理由に断っていた

梶芽衣子さんですが、プロデューサーから

「あと1作だけ」と頼み込まれて続編に

出演。その後もヒットが続き、さらなる

続編への出演も断りきれず…と繰り返した

結果、1973年末までにシリーズ4作に

出演。

これが原因となり、残念ながら縁談は破談

になってしまったといいます。

 

梶芽衣子さんが婚約者に頭を下げつつ

「何でも条件を飲む」と言ったところ、

「死ぬまで仕事をやれ」「誰とも結婚するな」

と相手から言われたなんていう噂も。

梶芽衣子さんがこれまで1度も結婚せずに

仕事を続けているのは、もしかすると

この時の言葉を守っているからなのかも

しれませんね。

 

懐かしのアイドルの今現在、

結構気になりますよね!

懐かしのアイドル、女優、お笑い芸人…一線を退いた厳選5人の衝撃の今現在とは!?

 

まとめ

今回は、

  • 梶芽衣子さんは、現在70歳の女優・歌手
  • 1965年にデビューし、『女囚さそり』シリーズをはじめ多くのヒット映画・ドラマに出演してきた
  • 現在も70歳とは思えない美貌の持ち主だが、過去画像などを見ると超美人
  • かつて仕事を理由に縁談が破談となり、それ以降1度も結婚することなく現在まできた

ということがわかりました。

 

現在も女優・歌手として活躍する

梶芽衣子さん。

これからも、“カッコ美しい”女性の代表

として活躍を続けて欲しいですね!