ども、クマ船頭です!

みなさんは、落語家桂文字助さん

(かつらもじすけ)をご存知でしょうか。

元笑点メンバーとしても知られる

桂文字助さんですが、現在では生活保護や

裁判沙汰、入院など、様々な噂が

流れているようです。

時には後輩をステッキで殴る暴力(愛の

指導?)という衝撃的な噂も!?

今回「爆報!THEフライデー」に出演

した桂文字助さんの経歴を紹介しながら、

こういった噂について調べていきます!

スポンサードリンク

落語家・桂文字助ってどんな人?

まずは桂文字助さんのプロフィールを

ご紹介します。

 

 4代目 桂 文字助(かつら もじすけ)

 本名:松田 治彦(まつだ はるひこ)

 生年月日:1946年2月13日(71歳)

 出身地:東京都江東区

 出身校:神奈川県立神奈川工業高等学校


出典:Hatena fotolife

そして、以下が略歴です。

噺家になる前は「デン助劇団」の役者を志し、松竹演芸場の裏方をしていた。

1964年4月 – 6代目三升家小勝に入門し、「三升家勝松」を名乗る。

1966年5月15日 – 『笑点』(日本テレビ)の初代座布団運びとして、1967年1月22日まで出演。これにより7代目立川談志と繋がりができる。

1968年5月 – 二つ目昇進。

1971年 – 師匠・小勝死去により、談志門下に移る。「立川談平」と改名。

1980年9月 – 真打昇進し、「4代目桂文字助」を襲名[2]。

1983年 – 師匠・談志と共に落語協会を脱退し、落語立川流所属となる。

2015年 – 落語立川流を脱退し、文字助組を旗揚げ。
(出典:twitter)

 

笑点の初代座布団運びとして出演していた

桂文字助さん。

元々の師匠である三升家小勝さん死去後、

立川談志門下へ移籍しました。

やはり“立川談志さんの弟子”という

イメージが一番強いですよね。


出典:TowerRecords

桂文字助さんは、特に相撲噺を得意として

おり、その実力は立川談志さんからも

認められ、「相撲噺のスペシャリスト」と

評されて活躍してきました。

 

2015年に落語立川流を脱退後は活動機会

が減ってしまい、あまり表舞台には登場

しなくなったんだとか。

スポンサードリンク

桂文字助は生活保護を受けている!?裁判沙汰も!

桂文字助さんは、どうやら現在は生活保護

を受けて生活しているようです。

弟弟子にあたる立川談四楼さんの

独演会(2017年4月)にゲスト出演して

いたことから、完全無職という状態

ではないとされていますが、

立川談四楼さんのTwitterのつぶやきに

よれば、生活保護を受けているようです。

 

文字助が生活保護を受けることになった。年を食い、身寄りがなく、足に疾患を抱えているので一発クリアー。俺が落語家で一番乗りだろうなと文字助。貰っているが、恥として公表してない人がいるかもと私。高座で言っちまえばこっちのもんだ。そうすりゃ最初ってことになる。おめえも方々で喋ってくれ。
(出典:twitter)

 

ちなみに、桂文字助さんは過去に

奥さん・お子さんがいたはずなので、

この『身寄りがない』発言は物議を

醸しだしているようですが、

詳細はわからず…。


出典:だんしろう商店

そして桂文字助さん、実は2014年3月頃

に裁判沙汰を起こしていました。

近所の工事の騒音に腹を立て、刃物を

持って文句を言いに行ったということで

起訴されてしまったというもの。

被害者、警察、検事それぞれに対し態度が

悪かったこともあったようで、

懲役1年・執行猶予3年という判決が

下ったそう。

桂文字助さんらしいと言えばそうなのかも

知れませんが、少しびっくりですよね!

スポンサードリンク

桂文字助は酒の飲みすぎで入院!後輩への暴力も?

大の日本酒好きで、その中でも特に

菊正宗の上撰を好むと言われる

桂文字助さんですが、

どうやら長年お酒を多く飲んできたことで、

現在はもう杖なしでは動けない状態であり、

何度か入院もしているんだとか。

 

それでも「落語立川流きっての武闘派」と

かつて呼ばれていたその気性の激しさは

健在のようで、気に入らないことがあると

後輩を杖で殴ることもしばしばある

ご様子。

体力的にお元気なのは喜ばしいこと

なんですけどね…。

 

 

家田荘子のハーフの子供(娘)の今現在と結婚・離婚を繰り返した4人の旦那とは?衝撃理由で出家し僧侶に!年齢も【爆報】

まとめ

今回は、

  • 桂文字助さんは、主に立川談志師匠の下で「相撲噺のスペシャリスト」として活躍していた
  • 現在は生活保護を受けながら生活している
  • 日本酒好きだが長年飲み続けてきたことで体にガタがきており、何度か入院もしている
  • 裁判沙汰を起こしていたり、後輩を杖で殴ったりと、気性の激しさは健在のご様子

ということがわかりました。

 

様々な情報・噂はあるものの、落語家

としての実力は一流の桂文字助さん

ですから、完全引退はせず、まだまだ

これからも元気な姿を見せていただきたい

ですね!