ども、クマ船頭です!

みなさんは、小林亜也子さんをご存知

でしょうか?

映画『スケバン刑事』に出演していた、

と言えばわかる方もいらっしゃるかも

知れません。

小林亜也子さんはすでに芸能界を引退

されていますが、現在は芸能界と違った

ある世界で活躍されているという情報が

話題に!?

今回は「爆報THEフライデー」にも出演

した、小林亜也子さんの経歴や、現在の

様子、過去のアイドル時代の画像も

紹介していきます!

スポンサードリンク

小林亜也子(森川あやこ)はスケバン刑事に出演していた元女優!過去画像も

まずは、小林亜也子さんの簡単な

プロフィールをご紹介します。


出典:twitter

 名前:小林 亜也子(こばやし あやこ)

 生年月日:1969年9月17日(48歳)

 身長:156cm

 血液型:A型

 出身地:兵庫県神戸市

 出身高校:兵庫県立宝塚北高等学校演劇科

 

1986年11月に行われた

「『スケバン刑事』全国縦断オーディション」

にて、当時高校2年生だった

小林亜也子さんは応募者78,000人の

中からグランプリを受賞。

1987年、映画『スケバン刑事』にて

加藤めぐみ役で女優デビューします。

 

その後はドラマ『スケバン刑事Ⅲ』に出演

するなどしましたが、これ以降目立った

活動は無く、芸能界を引退しました。


出典:twitter

当時のアイドル時代の画像を見ると、

非常に顔が整っているという印象で、

今見ても可愛いと感じる顔立ちですよね!

小林亜也子さんの女優としての活躍を

もっともっと見たかったという人も

少なくないのではないでしょうか。

 

ちなみに、現在はもう結婚されており、

森川あやこ」さんだそうです。

スポンサードリンク

小林亜也子(森川あやこ)の今現在は?鉄子として注目を浴びている!?

今ではもう結婚子供もいる

小林亜也子さんですが、現在はどのような

生活をされているんでしょうか。

 

結婚出産後、小林亜也子さんが社会復帰の

場としてまず選んだのは、

大手コールセンターのアルバイトでした。

応対品質や顧客解約阻止率などにおいて、

他のオペレーターをおさえベストスコアを

叩き出したこともあるんだとか。

顔が見えない相手を声だけで説得・魅了

しなければいけない世界ですから、

なかなか大変なことだと思います。

 

その後、コールセンターでの経験を活かし、

大手研修会社所属の企業研修講師を担当。

そして現在では、Officeアイムという

セミナー会社の代表を務め、「笑顔」

「コミュニケーション」「表現力アップ」

「チームワーク」に関わる講演や研修を

全国各地で開催しているようです。

 

また、小林亜也子さんは、

“神戸市営地下鉄全線開通記念

キャンペーンガール”としてイベント業務

などでも活躍しています。

鉄子の部屋」という名称でやっている

Facebookページでは、鉄子(=鉄道オタク)

として珍しい電車や駅などを実際に撮った

写真付きで紹介しており、これが鉄道好き

にはたまらないんだとか。


出典:NAVERまとめ

現在でもかなり美人さんですね!!

そして非常に楽しそう。

今現在の小林亜也子(森川あやこ)さんは、

いわば“鉄道オタク界のアイドル

でもあるようですね!

スポンサードリンク

小林亜也子(森川あやこ)の芸能界引退の原因は?

そんな小林亜也子さんですが、やはり一つ

気になるのは、なぜ芸能界を引退して

しまったのかということですよね。

『スケバン刑事』出演後程なくしての引退

ということもあり、様々な憶測も

流れましたが、真相はいったい

何なのでしょうか。

 

もしかしたら、芸能界で何か嫌なことが

あったとか、あるいはすでに他にやりたい

ことが決まっていたとか…。

詳しい真相は後ほどお知らせします!

 

元アイドルで今は女社長、実は他にも

いるんです!

小川真澄(アイドルO)や障害の子供・娘の今現在や原因は?結婚、離婚や育児、旦那で苦労も鳥取でママ社長に?【爆報】

まとめ

今回は、

  • 小林亜也子さんは、映画『スケバン刑事』に出演していた元女優
  • オーディションでグランプリを受賞し『スケバン刑事』で女優デビューするも、程なくして芸能界を引退した
  • 現在はセミナー会社の代表を務めている。また、鉄道オタク界のアイドル的な立ち位置でも活躍している
  • 芸能界引退の原因は……

ということがわかりました。

 

小林亜也子さんが芸能界を引退し、

寂しく思っていたファンの方にとっても、

現在でも元気に活躍していらっしゃる姿を

見られるのは嬉しいことですよね。

今後も、自身の好きな世界で

是非活躍していっていただきたいですね!