どうも、クマ船頭です!

今日は「有吉反省会」に出演する美人プロ

ボクサー黒木優子(くろきゆうこ)さん

について記します。

セクシーすぎる筋肉とプロポーション

ながら、世界チャンピオンとして何度も

防衛を果たしている実力の持ち主です。

画像や試合動画なども紹介します!

スポンサードリンク

黒木優子とは?

黒木優子(くろきゆうこ)さんは

1991年生まれの26歳、福岡県福岡市

出身です。

中村学園女子高校、中村学園大学

短期大学部卒です。

女子プロボクサーで、出身地から

「玄海の舞姫」や、「ボクシング界の

ゆうこりん」とも呼ばれています。

もともとは3歳からスキーを始めた

アルペンスキー選手で、かつては国体や

インターハイに出場するほどの腕前

でした。

しかし雪国選手の壁を感じ、中学2年で

フィットネス目的で始めたボクシングに

専念します。


出典:CuCu

2008年にはボクシングジムを移籍し、

17歳でプロテストにも合格します。

日本初の女子高生プロボクサーとして注目

を集めましたが、そのまま王道を歩み始め

ます。

 

黒木優子さんの父親、母親ともに警察官で、

父親は「女といえど自分の身は自分で

守れ!」という考えだそうです。

かたや母親は「女の子は女の子らしく…」

という考えのようで、料理の腕も仕込まれ

たようです。

黒木優子さん自身、今でもストレス解消に

お菓子作りをするくらいで、グローブを

脱いだ後のギャップがすごいと感じます。

スポンサードリンク

黒木優子は美人で世界チャンピオン!

黒木優子さんは見た通り美人で、モデル

でも十分活躍できそうですが、ボクシング

の実績はもっと光り輝いています。

WBC女子世界ミニフライ級のチャンピオン

として5回もの防衛戦を勝ち抜き、

今でも世界一の称号を保持しています。

 

短大を卒業したばかりの2011年夏、ユース

王座で6戦無敗を誇っていたタイ選手と

対戦し、いきなりTKO勝ちを収めて世界一

になります

ただこれは若手のためのユース王座で、

女子階級とは区別されたものです。

それでもこの実績は女子初で、注目を

集めました。

 

2013年、初の世界戦・WBA女子世界

ミニマム級王座を目指し、チャンピオン

の多田悦子選手に挑戦しますが、結果は

大差の負け。

しかしそこから何度か試合経験を積み、

翌2014年、WBC女子世界ミニフライ級

チャンピオンの安藤麻里選手に挑戦し、

見事王座を奪取します。

 

これが初の世界王座獲得となり、ここ

からメキシコ、タイ、フィリピンの選手

や前王者と5度にわたり防衛戦を行いま

すが、いずれも勝利し王座を守り抜いて

います。

どこまで防衛記録を伸ばすのか、その

強さに今後の注目が集まりそうです。

スポンサードリンク

黒木優子の筋肉がセクシー?

実は黒木優子さんの筋肉はあまり目立ち

ません。

上腕の筋肉など、特に力こぶもなく、

ムキムキでもありません。

腹筋もそこまで割れているわけでは

ないのです。

では、どこの筋肉が優れているのか?

 

私が思うに「背筋」ではないでしょうか。

背筋を鍛えると、背中の肩甲骨あたりに

効果が出ます。

つまり、腕の付け根です。

 

腕だけを鍛えるのではなく、根本の肩甲骨

付近、背筋を鍛えることで、パンチにも

絶大な「重み」が生まれると考えます。

また体全体の安定性も増し、激しく動いて

もブレない体幹が生まれます。

背筋を鍛えることは、アスリート全般に

言えることかもしれませんが、非常に重要

なことかと思います。

黒木優子のスゴさ、カワイさを画像、動画で検証!次ページで!