益子陶器市への『バス』での行き方は?

益子陶器市に合わせ、東京都新宿と、

千葉県五井駅・千葉駅からのバスツアー

があるようです。

こちらは往復5,800円~6,980円という

料金設定です。

ですが、私がオススメするのは、毎日運行

している高速バス「関東やきものライナー」

です!

これは秋葉原駅~笠間、益子を結ぶバスで、

1日5~6往復を茨城交通が運行しています。

こちらは片道2,000円ですが、「2回回数券」

を使うとなんと往復3,500円となり、

圧倒的安さで益子へ行くことができます。

2回回数券は高速バス車内で販売しているので、

乗る際に乗務員に申し出れば購入・

使用が可能です。

時間も益子駅まで最短2時間30分と早いほか、

笠間焼で有名な「笠間町」や、陶芸の店が

軒を連ねる「陶芸メッセ入口」バス停を

通るため、焼き物めぐりには圧倒的に

便利です!

 

ただ欠点は、土休日は高速道路の渋滞に

巻き込まれ遅れが予想されることです。

ましてやゴールデンウィークはすさまじい

渋滞が予想されることに加え、益子陶器市

で益子町内の渋滞にも巻き込まれてしまいます…。

益子陶器市の際の利用には、時間に余裕を

持った方がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

オススメは真岡鉄道のSL(蒸気機関車)?

個人的にオススメなのは真岡鉄道のSL

(蒸気機関車)です。

こちらは土休日に1往復走っており、力強

い鼓動と香りが体感できます。

私も子供の頃に一度乗ったことがあり、

いつもと違う雰囲気が非常に楽しかった

思い出があります。

真岡鉄道の公式サイトに運行日や時刻、

料金が掲載されていますので、興味が

ある方は探してみてくださいね。

益子焼と一緒に楽しめるものとして、

ぜひご覧ください。

路線バスの旅新シリーズ、田中要次と羽田圭介は仲が悪い?乗り継ぎは成功?結果は?【ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z】

まとめ

  • 益子陶器市は、栃木県の東部にある益子町で行われる陶器の即売会
  • 益子焼は150年、益子陶器市は50年の歴史を持つ
  • 益子陶器市は毎年ゴールデンウィークと秋の11月3日前後に開催され、今年(2017年)は4月29日(土)~5月7日(日)に行われる
  • 益子町へは新幹線を使用した鉄道プラン(往復8,000円強)と、高速バスプラン(往復3,500円)があるが、前者は高いが早くて定時性良し、後者は安いが渋滞の影響大
  • 真岡鉄道のSL(蒸気機関車)がオススメ