かつて90年代の音楽シーンで爆発的なヒットを飛ばしたm.c.A・T(エムシーエーティー)が、

「あるある議事堂SP スクープで人生を狂わせられてたまるか!芸能人vs週刊誌の記者」に出演します。

20~40代の方なら、90年代当時のヒットを思い出し「ボンバヘッ!」と口ずさめる方も多いのでは?

今回はm.c.A・Tにスポットを当てます。

スポンサードリンク

m.c.A・Tとは

m.c.A・Tは1961年生まれの55歳、北海道札幌市出身です。

北海道札幌月寒高校、北海道教育大学旭川校を卒業し、実際に小学校、中学校、高校などの教員免許を持っています。

本名は「富樫 明生」(とがし あきお)さんで、この名義で当初はデビューしました。


出典:ROCKET NEWS24

m.c.A・Tのラップはボンバヘッド一発屋?

1989年に富樫明生として「Let’s ABC」でデビューし、その後少し間をおいてリリースしたのが、

1993年に「m.c.A・T」としてリリースした「Bomb A Head! 」(ボンバヘッド!)です。

でもプロデュースは富樫明生となっています。

m.c.A・Tの名前の由来は、m.cが”music conductor”=指揮者、A・Tが”Akio Togashi”という意味です。

つまり「富樫明生が指揮をするグループ」という意味で、参加するすべてのアーティストを包括した名前とのことでした。

m.c.A・Tは富樫さん一人ではないんですね。む、難しい…!

出典:YouTube

Bomb A Head!は日本語ラップ(=J RAP)として大きくヒットし、15万枚を超える売り上げを記録しました。

しかしm.c.A・Tこの一発だけでは終わっていません。

炭酸飲料のファンタのCMに起用された「SUPER HAPPY」もヒットしました。

「超ハッピ~スーパーハッピー~ノリノリ~」という言い回しは私も覚えています!

Bomb A Head!のヒットが大きすぎて、他がかすんでしまうのもわかるのですが、一発屋と片づけてしまうのは納得いかない気がします。

実際、m.c.A・Tの活躍は曲作りだけにとどまらないのです。


出典:公式サイト

m.c.A・Tプロデュースと言えば…!

m.c.A・Tはプロデューサーとして「DA PUMP」(ダパンプ)をヒットさせます。

DA PUMPの1997年にデビューし、1998年にはNHK紅白歌合戦に初出場を叶えるなど、ヒットシーンを覚えている方も多いでしょう。

その後もDA PUMPは2002年までNHK紅白歌合戦に5年連続出場を果たします。


出典:AMAZON

実はDA PUMPの曲は、中期まではすべてと言ってよいほど、m.c.A・Tと富樫明生が創っています。

m.c.A・T自身よりもDA PUMPのプロデューサーとしてのほうが成功していたんですね。

ダパンプは売れに売れまくりましたが、曲を創ったm.c.A・Tさんに多くの印税が…!

一体印税はいくらだったのか?次ページで!