ハロー、クマ船頭です!

世界・ふしぎ発見!を観ていると、なんだか海外旅行へ行きたくなってきますね。

今回紹介するのはミステリーハンターの宮地眞理子(みやち まりこ)さん。

毎回ミステリーハンターは美人ぞろいですね!

でも宮地眞理子さんは数多いミステリーハンターの中でも異色かもしれません…。

いったい何が変わっているのでしょうか?

スポンサードリンク

宮地眞理子とは

宮地眞理子(みやち まりこ)さんは、1978年生まれの39歳、神奈川県藤沢市出身です。

湘南ガールですね!高校は神奈川県立海老名高校とされています。

あの人気ユニット「いきものがかり」の女性ボーカル・吉岡聖恵さんと同じ高校なんですね。

宮地眞理子さんは同じく湘南の平塚市にあるショッピングモール・OSC湘南シティで開催されたミスコンテストで優勝し、芸能界入りしました。

この時は2000年、21歳でした。

実はこのOSC湘南シティは、ミス・ユニバース・ジャパン神奈川大会が開催されるなど、ミスコンの有名開催地なんです。

宮地眞理子さんはその後、レースクイーンやグラビアアイドルとして活躍し、やがて舞台やテレビドラマへとステップアップしていきます。

2004年から世界・ふしぎ発見!のミステリーハンターとしてデビューし、今では60回近くの出演回数を誇り、ミステリーハンターの中でも第6位の出演回数です。

中でも秘境や奥地に行く(行かされる?)ことが多いので、秘境ミステリーハンターなど巷では呼ばれているそうです。


出典:ZEAL

宮地眞理子は酒好きで泥酔事件も?

宮地眞理子さんは無類の酒好きで、特にビールが好きと自称しています。

ミステリーハンターとして世界各国へ行った時も、「ビールください!」という言葉を各国の言葉で覚えて、食事の度に注文していたとか(笑)

ガンガンお酒が飲める女性、ステキですね~!

しかも宮地さんは二日酔いせずに翌朝シャキッとする回復力の持ち主だとか!

私はすぐ酔っぱらってしまうから、うらやましいですよ。

 

しかし宮地さん、結構泥酔事件を起こしているようです(笑)

飲み過ぎて記憶喪失になったり、起きたら自宅の床でコートとメガネ着用状態だったとか。

仕事の忘年会でもかなりはじけているようです…。

 

それはふしぎ発見のロケでも健在のようです。

宮地さんが南米ペルーのマチュピチュを訪れるため、クスコに滞在した時のことです。

いつものように地ビールでいい気分になりホテルに戻ってから、急に動悸が高鳴り始めました。

頭痛や寒気、息苦しくなるまでになり、その日はまともに寝られなかったそうです。

でもいつの間にか寝入ってしまい、朝起きたらスッキリ!

実はこれ、高山病がミックスされていたのでした。

ペルーは山岳地域にある国で、クスコの標高はなんと3,400メートル!

富士山の標高が3,776メートルですので、ほとんど富士山山頂に街があるようなものです。

標高が高い所では気圧が低く、アルコールも回りやすくなります。

山岳地帯や飛行機内では気圧が低く低酸素状態となり、アルコールの分解に必要な酸素が足りず、酔いがさめるのが遅いんだそうです。

宮地眞理子さんはこれまで5回ペルーを訪れていたため、油断していたのかもしれませんね。

貧乳だけどモデル並みのセクシー画像も!次ページで!