ども、クマ船頭です!

あの大ヒットドラマ・半沢直樹のいやらし

い副支店長役をご存知ですか?

名脇役・バイプレイヤーとして数々の

ドラマに出演する宮川一朗太

みやかわいちろうた)さんが、かつて

離婚した嫁(妻)や、引き取った二人の

子供(娘)について

「しくじり先生 俺みたいになるな!」

で語りました。

子育ての苦労や離婚の裏話、また趣味の

競馬で馬券ではない〇〇で大儲けした話

なども紹介します!

スポンサードリンク

宮川一朗太とは

宮川一朗太(みやかわいちろうた)さんは

1966年生まれの51歳、東京都出身です。

私立武蔵中学校・高校を卒業し、

早稲田大学第一文学部へ推薦入学

します。

超エリートコースを歩んできたのですね。

 

しかしその後、俳優の道を志し、早稲田

大学を中退して東京芸術学院(現・

吉祥寺美術学院)に第一期生として入学

します。

そして1983年、松田優作さん出演で知ら

れる「家族ゲーム」のオーディションに

合格し、いきなり映画主演デビューを

飾ります。

その後も数々のドラマに出演し、

脇役的な配役が多いものの、実力派

俳優として現在まで重宝されています。

スポンサードリンク

宮川一朗太の出演作品、ドラマは?

宮川一朗太さんの出演した作品には、

ドラマが数多くあります。

特にサスペンス物が多く、目の肥えた

中年層の視聴者も納得の演技力が

定評です。

  • 火曜サスペンス劇場(取調室シリーズ等)
  • 土曜ワイド劇場(内田康夫シリーズ等)
  • 水曜ミステリー9
  • 月曜ゴールデン(浅見光彦シリーズ等)
  • しゃぼん玉
  • 半沢直樹(副支店長役)


出典:twitter

特に大ヒットした「半沢直樹」では、

主人公に対峙する支店長の腰巾着として、

イヤな性格の上司を名演しました。

また、洋画の吹き替え、声優としての活躍も

多く、あの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で

有名なマイケルJフォックスの声を多く

こなしています。

スポンサードリンク

馬券ではない競馬の〇〇で大儲け?

実は宮川一朗太さんの趣味は競馬で、競馬

番組(ドリーム競馬)の総合司会を15年も

務めていました。

そして自身も一口馬主という、共同出資で

競走馬のオーナーになる制度に噛んで

おり、何頭かの馬の一口馬主になって

いました。

宮川さんが持っていた馬、それはG1

レースを2勝もした「ネオユニヴァース

でした!

一口馬主には1口2万円から50万円

くらいまで様々な形態がありますが、

宮川一朗太さんはなんと175万円も

出資していたのです。

しかしネオユニヴァースは生涯獲得賞金

6億1,300万円も稼ぎ、また引退後に

生まれた子供もG1馬になるなど大活躍を

見せ、多額のリターンが宮川さんに

舞い込んできました。

その額、なんと3,000万円あまり!

これには宮川一朗太さんも大興奮した

でしょうね。

スポンサードリンク

宮川一朗太の嫁(妻)とは

宮川一朗太さんは1990年に、フリー

ライターの山田佳奈子(やまだかなこ)

さんと結婚しました。

結婚間もなく子供(娘)に恵まれ、

2年後にもまた娘が生まれたのでした。

 

しかし性格や考え方の違いからか、

宮川一朗太さんと山田佳奈子さん夫婦の

間には日々けんかが続いていたようです。

そして結婚13年後の2003年頃に

嫁(妻)の佳奈子さんが家を出て行って

しまいます。

それから2年後の2005年に一度は家に

戻ったものの、やはり溝は埋まらず、

同年離婚します。

当時夫婦には2人の子供がおり、離婚

当時は14歳と12歳という微妙な年齢の

娘2人が残されたのでした。

スポンサードリンク

嫁との離婚の原因は?

ここで気になるのは離婚の原因です。

もともと性格が合わなかったり考え方が

異なっていたこともあるようですが、

宮川一朗太さんが175万円も奥さんに

黙って一口馬主に出資したことも原因の

一つのようです(笑)

当時通帳は奥さんに預け、金銭の管理は

妻に任せていたようです。

そのため妻として山田佳奈子さんは大層

怒ったようで、修復不可能な溝が入って

しまったようです。

宮川一朗太の子供(娘)の今現在は?再婚の可能性は?次ページで!