クマ船頭です!

今日は、宝塚歌劇団の元タカラジェンヌで、娘役としてトップスターに輝いていた美雪花代(みゆき はなよ)さんについて記します。

「爆報!THEフライデー」で宝塚の元娘役トップスターMとして紹介され、現在は北海道である社長に転身と報じられました。

実はなんと結婚(再婚)した末に牧場の社長さんになったのです

しかも会社の存続をかけた大勝負に挑むとか…。

これまでの経緯や今現在について記します!

スポンサードリンク

元タカラジェンヌ・美雪花代とは

美雪花代(みゆき はなよ)さんは1960年生まれの57歳、兵庫県出身です。

本名は小川美由紀(おがわ みゆき)さんといいます。

宝塚音楽学校へ1975年に入学、1977年に宝塚歌劇団花組へ入団し、その後3年で娘組トップへ。

松あきらさんや順みつきさんとのスリートップで一時代を築きました。

1981年には宝塚歌劇団を退団し、一般女優として数々の舞台のほか、時代劇を中心としたテレビドラマへも出演し、人気を博します。

 

糸山英太郎とのスキャンダルで芸能界から消えた?

順風満帆だった美雪花代さんですが、スキャンダルで足下を救われる事態が発生します。

当時参議院議員だった糸山英太郎(いとやま えいたろう)さんの愛人説が週刊文春の文春砲によって報じられたのです。

当時、美雪花代さんは資生堂のCMに出演しており、バックミュージックは大瀧詠一、山下達郎らで結成する「ナイアガラトライアングル」の新曲を使っていました。

このハイレベルなCMが、スキャンダルのせいでわずか10日あまりで放送中止に追い込まれてしまうのです。

 

糸山英太郎さんはお金をばらまいて議員に当選したと言われ、かなりイメージのキツい政治家でした。

生い立ちもかなりアグレッシブで、美雪花代さんの女優生命にとどめを刺すほどのダーティーな印象が付きまとってしまいました。

このことから、美雪花代さんは芸能界から姿を消すこととなってしまったのです。


出典:imgrum

なお、糸山英太郎さんの現在は父親が興した新日本観光株式会社の会長に就いており、また湘南工科大学の総長でもあります。

港区のかつての本社跡にザ・イトヤマタワーを200億円かけて建設し、本社を置くとともに自身もペントハウスで暮らしています。

ここは今度建設される山手線の新駅(田町~品川間)にも近く、注目の場所です。

 

美雪花代さんと関わる男性陣に超セレブが多いのは、偶然なのでしょうか?

何かそういった男性を引き付ける魅力を美雪花代さんはもっていたのかもしれませんね。

それは自らを苦境に陥らせもし、また自分を救ってくれさえもしているような気がします。

この後も、美雪花代さんに数奇な運命が待ち受けていました…!

スポンサードリンク

牧場&馬主と結婚(再婚)!牧場の場所は?

もともと美雪花代さんは30歳のときに一般男性と結婚しましたが、18年後に離婚してしまいます。

このとき美雪花代さんには崇文さんという子供がいますが、離婚と同時にシングルマザーとなってしまったようです。

美雪花代さんはその後2009年に、牧場を経営する16歳年上の小川義勝さんと結婚し社長夫人となります。

実はお互い再婚同士だったのですが、もともと美雪花代さんは若い頃から馬が好きで、牧場主である小川義勝さんと知り合ってからは親交を深めていったとのことです。

離婚からすぐに再婚となったんですね。

もしや離婚前からつながりがあったのかも、と思うのは考えすぎでしょうか?

 

牧場の面積は30ヘクタール、東京ドーム7個分もの広さを誇り、馬を生産するだけではなく、50頭もの馬を所有する大馬主でもありました。

牧場は三城牧場(三城ボクジョウ株式会社:さんじょう ぼくじょう)といい、場所は北海道の道央・日高地方にある門別です(北海道沙流郡日高町字緑町148)。

この辺りはサラブレッド街道ともいい、競馬で走る競走馬の生産牧場が数多くあります。

 

馬は様々なレースで勝ち、賞金がたくさん入ってきたせいか自宅も豪華です!

100坪の敷地に大豪邸が経ち、玄関だけでなんと20畳もあります。

玄関にはドイツ製置時計やイタリア製ソファが鎮座し、リビングは30畳で家具はすべてイタリア製で統一されているほどのセレブぶりです。

まさに「玉の輿婚」と言われるような生活ぶりだったのですが…。

衝撃のその後と社運を賭けた大勝負とは?次ページで詳しく!