金曜深夜に始まる新ドラマ「奪い愛、冬」は、まるで昼ドラのようにドロドロの愛憎劇が繰り広げられると期待されています!

某有名放送作家の方が脚本を書くほか、豪華キャストで観る方も気合が入ります!

特に水野美紀さん、秋元才加さんが「イヤな女」を好演するようで、こちらも思わず怒ってしまうような、引き込まれる名演技が期待できます。

今回は話題の新ドラマ「奪い愛、冬」について、2人の女優を中心に記します。

スポンサードリンク

「奪い愛、冬」とは

本ドラマをの脚本を書くのは、お笑い芸人・森三中の大島美幸さんの夫で放送作家の鈴木おさむさんです。

デザイン会社でばりばり働く女の子(倉科カナ)がヒロインなのですが、付き合っているイケメンアシスタント(三浦翔平)にプロポーズされ、

幸せに包まれるヒロインの前に再び現れた元カレ。そして元カレの奥さん、同僚、上司が複雑に絡み合い、嫉妬や嘘が渦巻くようです。

このような愛憎劇ともいうドラマ、好きな人は大好きではないでしょうか。

あらすじは以下の通りです。

恋人の康太(三浦翔平)からプロポーズされ、幸せを噛みしめていた光(倉科カナ)の前に、突然一人の男が現れた!信(大谷亮平)という名の彼は、かつて光が死ぬほど愛した男、そして3年前に突然姿を消した男だった!光は激しく動揺するが、この再会はこれから始まる激動の愛憎劇の序章に過ぎなかった!異常なまでに夫・信に執着する妻・蘭(水野美紀)、さらに康太を溺愛する母・美佐(榊原郁恵)らが光の前に立ちはだかる!

(出典:Yahoo!テレビ)

うわー、なんで偶然元カレが仕事で現れるんだよ!と思いましたが、他の設定はなんだか実際にありそうな気がして、妙なリアルさを感じるのです。

息子を溺愛する母が、息子の彼女を認めずにいじめる…。

うーん、ありそう…。


出典:テレビ朝日

水野美紀演じる森山蘭とは

まず目を引くのが、ヒロインの元カレの妻である「森山 蘭」(もりやま らん)です。

こちらは水野美紀(みずの みき)さんが演じるのですが、夫である康太を小さいころからずっと好きでいて、結婚しても激しく愛しているようなキャラです。

そしてヒロインと夫の康太が再会したことを知ると、激しく嫉妬の炎を燃やす…。


出典:テレビ朝日

これ、絶対刺しますよね(笑)

そしてこの病的ともいえる愛し方、水野美紀さんの演技がすごく良いんです!

夫への愛情が半端なく、縛るタイプですね。

スポンサードリンク

こういう人、いますって!

携帯電話のGPSで常に居場所を監視していたり、「今日はどの人と話したの?」と話した相手を毎日報告させたり、私も聞いたことがあります。

独占欲の強い人間、というんでしょうか。

もちろん、女性だけでなく男性にもこういうタイプがまれにいると聞きます。

愛しすぎるが故の苦しみ、とでも言うのでしょうか。

あなたはこんな方、理解できますかね?


出典:テレビ朝日

秋元才加が演じる、もう一人の「イヤな女」とは…次ページで!