中島芭旺が学校へ行かない理由とは

芭旺さんはある時から不登校気味になってしまいました。

朝起きたら「頭が痛い」と母親に言ったり、登校する子どもたちの声が聞こえると「お腹が痛い」というようになったそうです。

小学校を拒絶しているようですね。

周りの友達や先生とぶつかったりすれ違うことがあったのでしょうか。

 

芭旺さんはあるバラエティ番組の出演し、タレントさんに「なぜ学校で勉強しないのか」と質問を受けました。

その時の答えは「勉強は学校以外でも出来る。」です。

またツイッターにも独自の考えを投稿しています。

「学ぶと遊ぶは違うのか。学ぶも遊ぶも仕事も一緒だと思うんだ。」

 

もはや育った環境が根底から違います!

 

↓安倍総理夫人と…


出典:twitter

まとめ

  • 2005年生まれの11歳
  • 母親が心理学に熱心で、そこからの教育が影響をしていると思われる
  • 『見てる、知ってる、考えてる』をいう本を10歳で出版
  • 現在も各種イベントに参加したり、雑誌取材やテレビ出演を重ね、その活動ぶりは大人顔負け

将来どんな大人になるのか、まったく想像できません。

しかし芭旺さんのような人間が、これからの世界を作っていくのかもしれません。

うーん、自分が前時代的な人間に思えてきました(笑)