どーも、クマ船頭です。

今日は、中山咲月(なかやま さつき)さんという、ジェンダーレスの女子(男子?)高生モデルについてです。

LGBTという言葉が最近飛び交っていますが、このうちの「T」、トランスジェンダーの方なんです。

一体どういうことなんでしょうか?

現実離れした雰囲気と美しさ、そしてコスプレもこなす中山咲月さんを解説します!

スポンサードリンク

中山咲月とは

中山咲月さんは1998年生まれの18歳、東京都出身の女子高生です。

小学校6年生の時にローティーン向け雑誌のピチレモンにモデルのオーディションで応募し、見事グランプリに輝きます。

同時に芸能事務所のテンカラットに所属し、2011年よりモデルとして活動を始めます。

2013年にはNHK教育の「すイエんサー」に出演し、テレビデビューも果たします。

このように順調なモデル活動をしていましたが…

スポンサードリンク

中山咲月の悩みを解決したのは…○○だった!

もともと「性格が大雑把で男っぽい」「イケメンキャラ」といった評価が確立しており、

他のモデルや学校の女子からも惚れられる事態になっていました。

実は中山咲月さん本人も女の子らしい服装や仕草に、モデルをしながらも疑問を抱いていたようです。

また、「女性らしくしなさい」と言われることもイヤだったそうです。

↓一番手前の白い制服が中山咲月さん


出典:Girls like fashion magazine

そんなときに知ったのが、韓国のモデル・カイト(kite)さんです。

カイトさんも女性でありながら男性のような雰囲気を持ち、韓国のユニセックスブランド・coiiのモデルとして活躍していました。

女性でありながら男性のような雰囲気を持つ、中性的な存在感に衝撃を受けた中山咲月さんは、

自分の中の違和感が消化されていくとともに、自分もカイトさんのようになりたい、という思いが膨らんでいきました。

↓韓国のモデル・カイトさん


出典:twitter

悩んでいる時って、「ああ、こうすればいいのか」と道を指し示すものが見つかると、とてもモヤモヤが晴れますよね。

場合によっては、モヤモヤを晴らしたいがために、無理やり自分に暗示をかけることも(笑)

でも立ち止まっているよりどこかへ進まないと、事態は好転しないと思うんです。

中山咲月さんは、どういう気持ちだったんでしょうかね。

スポンサードリンク

トランスジェンダー、ジェンダーレスとは

トランスジェンダーとは「性を乗り越える」といった意味の言葉で、男性なのに女性の心を持ったり、またはその逆です。

日本では性同一性障害というフレーズが以前からありましたが、これだと病気のようなイメージを抱いてしまいます。

トランスジェンダーはそうではなく、その人自身の考え方のような、より一般的なものを表す言葉として海外からやってきました。

 

そしてジェンダーレスとは「性の垣根がない」といった意味で、男でも女でもない中性的な概念です。

ジェンダーレス男子、ジェンダーレス女子というキャラがいます。

これは、男性ですがレディスファッションや肌のお手入れ、化粧を楽しむような、本来女性しかしなかったことを男性も楽しんでいるのです。

「女装男子」というカテゴリもあり、心は男で女装を楽しむドラァググイーンのような人とはまた別の種類ですが、

女装男子の一部の方にも、ジェンダーレスな考え方があると思われます。

トランスジェンダーとジェンダーレスは根底では意味が異なりますが、異性のファッションや仕草でふるまうという点では同じです。

女装男子・UsukeDevil『デビ子』画像に惚れる!【ロンハー】

個人的な意見として、こういう文化があることに対し、私は違和感があるとは思いません。

私の周りにもこのような人はいますし、そもそも私は国際結婚していますので、以前の日本にはない考え方や概念を受け入れることには慣れています。

ただ、そういったことを嫌う人々が国内外にいることもわかりますが、それは性の問題に限ったことではないので、いいのかなとも思っています。

ちょっとマジメに書き綴ってしまいましたね(汗)

中山咲月のコスプレがヤバい!○○に出現!詳しくは次ページで!