マッスル!クマ船頭です。

人気イケメンプロレスラー、オカダ・カズチカさんが「行列のできる法律相談所」に出演します。

そこで改めて注目されるのが「プ女子」と呼ばれる人々。

腐女子じゃないですよ。いったいプ女子とは何者なのか?

解説本も出版されて盛り上がっているようですし、追いかけてみました!

スポンサードリンク

プ女子とは

プ女子(ぷじょし)とは、なかなか聞かない用語ですね。

これは「プロレスに魅せられたプロレス女子」の略で、要は女性プロレスファンです。

かつてプロレスが盛り上がっていた80~90年代、ファンはもっぱら男性でした。

その人気は総合格闘技の発展とともに下火となり、プロレスファン人口は減っていってしまいました。

ですが近年、プロレスラーがバラエティ番組に出たり、イケメンプロレスラーが登場したりしたせいもあり、人気が復活してきています。

試合を主催する側も意識が変わり、試合後にプロレスラー自らサイン会を必ず開くなど、ファンとの距離が近くなったことも要因です。

プロレスラー本人がグッズを売ったり、プロレスを観ながらグルメやワインを楽しめるディナーショーもあるんです!

その中で、オカダ・カズチカさんに代表される、甘いマスクを持ち実力もあるプロレスラーの登場が、プ女子の増加に拍車をかけました。


出典:Yahoo!ニュース

オカダ・カズチカとは?

オカダ・カズチカさんは1987年生まれの29歳、愛知県安城市出身のプロレスラーです。

本名は岡田和睦(おかだ かずちか)さんで、プロレスのリングネームと同じですね。

中学では100メートル走で愛知県一位の記録を打ちたて、その高い身体能力を生かして野球に打ち込んでいました。

その頃、5歳年上の兄が持っていたプロレスのゲームをやったことがきっかけでプロレスを知り、なかでも闘龍門(とうりゅうもん)というメキシコのプロレスラー養成校の試合に強く惹かれます。

その後、高校へは行かず闘龍門に入門し、厳しい練習に耐え、プロレスラーとしてメキシコでデビューしました。

メキシコやカナダ、アメリカといった本場でのプロレスを経験していきます。

リングでは”レインメーカー””金の雨を降らせる男”として、華々しいパフォーマンスと豪快な技の数々で、日本での人気はうなぎのぼりに高まっていきました。

そして2012年に24歳の若さでIWGPヘビー級チャンピオンの棚橋弘至さんを破り、王座につきました。


出典:ぼくらのプロレス

私生活も派手で、東京・世田谷区の高級住宅街に住み、愛車はなんと3,600万円のフェラーリ488GTB!

しかも父親もフェラーリに乗っているそうです。

しかしそれは、わかりやすいキャラでいることで、プロレスが夢を与えるものであってほしいと願う考えもあるそうです。

プロレスラーで成功すればフェラーリに乗れるという姿を見せることで、子供たちは憧れを抱いて次の世代のプロレスラーの卵として成長します。

そして何より自分自身の注目度も高まって、さらに大きなマネーが流れ込んでくるのでしょう。

オカダ・カズチカさんか事務所なのか、クレバーなやり方ですね。

プ女子はイケメンプロレスラー好きの肉食系女子なのか?実態は次ページで!