ども、クマ船頭です!

沖縄(琉球)フランス料理人の島袋司さん

をご存じでしょうか?

沖縄でフランス料理という一風変わった

テイストですが、お店のメニューや味

評判・口コミ、値段、場所など、

いろいろ気になります!

あのフランス料理の巨匠・三國清三シェフ

の弟子でもあるんですね!

今日は「情熱大陸」に出演する島袋司さん

にスポットを当てて紹介していきます!

スポンサードリンク

島袋司の経歴と師匠・三國清三シェフとは?逃げ出した過去?

島袋司さんは、どのようにしてフレンチ

シェフにまでなったのでしょうか?

また、師匠である三國清三さんは、

どのような方なのでしょうか?

早速、見ていきましょう。

まずは、島袋司さんのプロフィールから

どうぞ!

 

 名前 島袋 司(しまぶくろ つかさ)

 生年月日 1976年?月?日

 年齢   41歳?

 出身地  沖縄県那覇市

 

島袋司さんは沖縄調理師学校を卒業して

シェフとなります。

そして2000年の九州沖縄サミットでは、

総料理長を務めたほどです。

2015年には、フランスの最高勲章と

言われる「レジオン・ドヌール勲章

シェバリエ」を受賞しています。

日本で初めての快挙!とのことです。


出典:twitter

そんな島袋司さんですが、フレンチの巨匠

である三國清三さんの店での修業時代

には、逃げ出したことがあったそうです。

それも1回や2回でなく3回も!

修業が相当、厳しかったみたいです。

逃げ出すたびに三國清三さんに説得され、

修業に戻ります。

でも説得されるということは、三國清三

シェフは島袋さんの才能を見出していたの

かもしれませんね。

 

その三國清三シェフの慰留もあり、厳しい

修行に耐えた島袋司さんは、ついには

ポワソニエ」と呼ばれる魚担当のメイン

シェフとまでなります。

 

そんな島袋司さんの師匠である三國清三

シェフのプロフィールも一緒に載せて

おきますね。

 

 名前 三國 清三(みくに きよみ)

 生年月日 1954年8月10日

 年齢   63歳

 出身地 北海道増毛町

 

中学卒業後、札幌の米店に住み込みながら

夜間の調理師学校に通います。

その後米店の紹介で、得意先だった

札幌グランドホテルにて修業を始め、

その半年後には正社員となります。

2年後には帝国ホテルへ移り、あの

村上信夫料理長の下で働きます。


出典:mikuni MARUNOUCHI

三國清三さんは戦場のような厨房で要領

よく大量の仕事をこなし、しかも味付けや

技術をどんどん吸収していったようです。

その後、村上信夫料理長の紹介により、

若干20歳で駐スイス日本大使館の料理長

となります。

 

現在は、東京・四ッ谷の

「オテル・ドゥ・ミクニ」で

オーナーシェフを務めています。

スポンサードリンク

島袋司さんが開店したお店は?フランス料理のメニューと味、評判・口コミは?

島袋司さんが開店したお店はどのような

お店なのでしょうか?

また、島袋司さんのフランス料理とは、

どのような味なのでしょうか?

評判・口コミは良いのでしょうか?

調べてみました!

 

島袋司さんは2008年、那覇に

ラトリエ」(L’atelier)と

いう店を開店しています。

こちらがフランス料理のお店です。

親しみやすい雰囲気ですね!


出典HOTPEPPER

島袋司さんの料理にはアレンジと趣向が

凝らされているようです。

琉球イノシシの味を引き継いでいると

言われるアグー豚やグルクン、ミーバイ

などの白身魚、酵素たっぷりのマンゴー

などを使用されています。

南国風味満点ですね!

 

さて、肝心のはどうなのでしょうか?

ここで口コミ、評判を紹介します!

仏産鴨胸肉のロースト。
鴨のうまみがしっかりで美味しいです。
また、周りの焼き野菜も色鮮やかで、
甘味が引き出されていて美味しいのです。

 

魚料理は、オーマチ(アオチビキ)とオマール海老 トマトソース。

これはプリプリで美味でした!
パンはおかわり持って来てくれます。美味しいので3個食べちゃいました。

 

前菜は,ナスをコンソメスープで煮た後に焼いたもの。
添えられているのもナスのペーストです。
オリーブの塩気がちょうどよくて,
冷製なところも相まって夏らしくて美味しいです。
出典:食べログ

レビュー、口コミでも評判は良いようです!

読んでいるだけで口中にヨダレが…(笑)

本当の味は実際に食べてみないと分かりま

せんが、相当期待できそうです!


出典HOTPEPPER

ということで、さらに気になる島袋司さん

料理メニュー値段、そしてレストラン

場所もレポートします!

「ラトリエ」と料理のメニュー、値段、場所は?次ページに詳細!