こんにちは、クマ船頭です!

今日は、ワールドワイドに活躍する女優・祐真キキ(すけざね きき)さんがダウンタウンDXに出演するので紹介します。

正直、変わった苗字ですね!

日本でもヒットしたアメリカのドラマ、ヒーローズ(HEROES)にも出演した彼女ですが、どこかミステリアスな感じがしませんかね?

美しいストレート黒髪に抜群のモデル体型な祐真キキさんですが、やはり中身が日本人離れしていた!?

そのエピソードなどを語ります。

スポンサードリンク

祐真キキとは?高校は?

祐真キキ(すけざね きき)さんは1989年生まれの27歳、京都府出身(イナカの方と自称)です。

叔父はファッションディレクターの祐真朋樹さんです。

子どもの頃は兄や男友達と共に走りまわって、時には両腕を骨折するほど、シャレにならないくらいわんぱくな幼少時代だったそうです。

中学生の頃にアメリカの映画やドラマを観て、あちらの世界に憧れるようになりました。

アメリカの高校に行かせて!と親に懇願したそうですが、願いかなわず、京都の高校に進学します。

しかし諦めきれずに、1年間だけ留学を許してもらいます。

そしてアメリカの内陸部・サウスダコタ州の、住人がわずか2,000人しかいないイナカの高校へ留学し、そこで過ごすうちに英会話を習得します。

この街は日本人はおろかアジア人がまったくおらず、しかもアメリカ人でも多くがネイティブアメリカンだったので、アクの強い英語でなんとか会話するしかなかったそうです。

でも厳しい環境に身を置いたせいか、1年間で英会話が出来るようになりました。


出典:SuperheroYou

帰国後、京都の高校を卒業するも大学進学はせず、アフリカ・タンザニアにバックパッカーとして旅をしたりしていました。

その中で、多くの難民や貧しい人と接し、このような人々を助けたいと思うようになったようです。

憧れの女優の一人・アンジェリーナ・ジョリーが、ボランティアや人道支援をしていることを知り、自分も大女優になって同じように人々を助ければ、

世界が注目しもっと多くの人が貧しい人々に手を差し伸べるようになる、こう思って女優を志したそうです。

かなり他にはないきっかけだと思いますね!

 

祐真キキさんは21歳で東京のアップスアカデミーに入り、ニューヨークの俳優教育システムのもと、演技力を磨きます。

そして翌年、単身で再び渡米し、西海岸・ロサンゼルスに根を下ろすのです。

 

祐真キキがヒーローズに出演!英語力は?

祐真キキさんはアメリカ・ロサンゼルスのサンタモニカに3年間住んでいて、侍の剣技を習うことが出来る教室のようなところに出入りをしていました。

その教室に通う男の子の母親の知り合いに、アメリカのドラマ・ヒーローズの出演者を手配するディレクターがいたらしいのです。

祐真キキさんの話を聞きつけたそのディレクターは、祐真キキさんにオーディションを受けるよう勧め、オーディションを受けたところ見事合格!

晴れて”Katana Girl”(カタナ・ガール)として注目を浴びるようにになります。

それまで自主製作の映画や着物モデルの仕事など、小さな仕事をこなしながら100回以上はオーディションを受けては落ちての繰り返しでした。

その苦労が報われた瞬間でもあったのです。

 

祐真キキさん自身はまだ英語を勉強中と言っていますが、英語でのインタビューを難なく受けています。

どう思いました?

話すときは考えながら話しているようで、決してすらすらとは言えませんが、相手が言っていることはすべて聞き取れているようですし、十分凄いと思います。

発音もかなり良い方向へ行っているのではないでしょうか。

私も1年だけ海外に住んでいたことがあり、英会話のスクールにも1か月だけ行きましたが、かなりブロークンでした(笑)

このくらいのレベルにいけたら最高だろうなー、と思ってしまいます。

若さが成せることなのか、単身渡米して厳しい環境に身を置くポジティブさに尊敬します!

祐真キキのすっぴん画像?彼氏は外国人?次ページで!