高野孝子は結婚している?夫・旦那は?

高野孝子さんはご結婚されていて、旦那さんは大前純一(おおまえ じゅんいち)さんです。

大前純一さんは京都大学を卒業後に朝日新聞に入社し、約25年にわたり勤め、朝日新聞のサイト版「asahi.com」の設立に携わっていました。

また1985~86年には、あのMIT(アメリカのマサチューセッツ工科大学)で客員研究員をしており、

当時から最先端の情報発信について深く考察されていた方です。


出典:山村に生きる力ナビ

現在は株式会社グローバルメディア研究所の代表に就いているほか、

奥さんである高野孝子さんが代表を務めるNPO法人・ECOPLUS(エコプラス)の事務局長を務めています。

スポンサードリンク

高野孝子の今現在は?

高野孝子さんは犬ぞりによる北極初横断を終えた約5年後、イギリスのケンブリッジ大学で修士号を取得します。

ケンブリッジ大学でそのまま博士号も取得するか迷ったそうですが、違和感を感じ、自分にぴったりとくる

エジンバラ大学へ移り、そこで最終的には博士号も取得します。

この間に、NPO法人ECOPLUS(エコプラス)を設立します。

エコプラスは自然、異文化、地域社会を重視した体験や学びを通して、環境教育を推進する組織です。

今現在にかけて、高野さんの地元である新潟県南魚沼市をフィールドとして、子どもたちには自然に思いっきり親しんでもらい、

都会や学校では学べないことを体で勉強してもらっているようです。


出典:山村に生きる力ナビ

高野孝子さんも、これまで世界中の様々な国の人々と出会い、人と自然の関わりについて影響を受けたと思われます。

また早稲田大学留学センターの教授も務める高野孝子さんは、国内外の垣根を越え、海外の研究者とも協力し、

自然との関わりを中心としたグローバルな教育を、学生たちにもたらしています。

 

うーん、自然に近い所に住んでみたいです!

昔住んでいたんですが、今は都会にいるので、なんだかさみしい気分です。

ある程度は自然が近くにないと、人間はダメだと思います!

奥山梨温泉郷の日帰り温泉は?秘境の旅館、ホテル、名物は?【アド街】

 

まとめ

  • 1963年生まれの53歳、新潟県南魚沼郡塩沢町(南魚沼市)出身
  • 早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了
  • イギリスのケンブリッジ大学で修士号を取得、エジンバラ大学で博士号取得
  • アマゾン川1,500kmをカヌー、ベーリング海峡厳冬期横断、北極点パラシュート降下など、数々の冒険を成し遂げる
  • 1995年、アメリカの冒険家・ウィル・スティーガーら4か国5人で犬ぞりによる北極海無動力横断に成功する
  • NPO法人ECOPLUS(エコプラス)代表理事を務めるほか、早稲田大学留学センター教授
  • 夫は元朝日新聞社に勤めた大前純一(おおまえ じゅんいち)さん

冒険家としての実績も、研究者の実績も堂々たるもので、非の打ち所がないですね。

エコプラスでの教育は、まさかこれらのトレーニングをさせているわけではないですよね(汗)