梅沢富美男と木の実ナナ、禁断の恋の真相とは?

この2人が出会ったのが、1982年のTBSドラマ「淋しいのはお前だけじゃない」なのです。

このドラマでは、西田敏行さん演じる主人公がサラ金の取り立て屋になっています。

サラ金のオーナーの愛人がとある旅一座の役者と駆け落ちします。

その2人の追い込みの役目を、西田敏行さんが負うのです。

 

お察しの通り、梅沢富美男さんが旅一座の役者の男を演じ、木の実ナナさんが一緒に駆け落ちしたオーナーの愛人を演じているのです。

つまり、禁断の愛とは、ドラマ上の駆け落ちだったのです。

しかし梅沢富美男さんは、木の実ナナという女優に役者として尊敬の念を抱くようになったのです。

そしてなんと、お互いに恋愛感情があったことを梅沢富美男さんも木の実ナナさんもあっさりと認めました!

「本当に惚れ込んだ女優さんがいた」と「爆報!THEフライデー」で梅沢富美男さんは語っていますが、本当に女として惚れたとは…。

それを堂々と語る梅沢富美男さん、潔く男らしいですね!

まあ、これまで何度となく奥さんを困らせているから、今さら何を言っても大丈夫と思っているのでしょうが(笑)

 

そして木の実ナナさんも、梅沢富美男さんのことが好きで、一緒にいることが楽しかったと語っています。

また梅沢さんから金のネックレスを贈られたと話していました。

ネックレスには文字が刻まれており、TOMIO、そして裏面にはNANAとあるようです。

それを木の実ナナさんはカメラの前には出しませんでしたが、2人の確かな昔の思い出として、いつまでも大切にしたいという気持ちが伝わってきますね。

 

その影響か、梅沢富美男さんの熱を帯びた演技は当時話題を呼び、このドラマが梅沢富美男さんの人気を一層高めました。

本当に現役の旅一座の役者だったのですから、これ以上ない配役でしたね。

 

しかしその後、2人はドラマや映画で共演することはなく、これといった接点もなかったのでした。

ですが、梅沢富美男さんが木の実ナナさんを役者として、そして女性として惚れ込み尊敬していたことは、昔も今も変わっていないと思います。

もちろん、急に怒鳴り始めることもないかと思いますが(笑)

スポンサードリンク

まとめ

  • 梅沢富美男(うめざわ とみお)さんは1950年生まれの66歳、福島県福島市出身
  • 本名は池田富美男(いけだ とみお)さん
  • 父親・梅沢清さんの興した「梅沢劇団」で演じる
  • 25歳の時、兄の武生さんの勧めで女形(おやま)になり大ヒットとなる
  • 1982年には小椋圭さん作曲の「夢芝居」で歌手としてもヒット
  • 2012年には梅沢富美男劇団の座長として劇団を率いることに
  • 妻(嫁)は池田明子さんで、智香さん・名津美さんの2人の娘に恵まれる
  • 木の実ナナ(きのみ なな)さんは1946年生まれの70歳、東京都墨田区出身
  • 本名は池田鞠子(いけだ まりこ)さん
  • 中学3年生の時にオーディションで合格し歌手デビューするもヒットせず渡米
  • 帰国後に劇団四季の舞台「アプローズ」に出演しヒットを飛ばすほか、翌年公開の「ショーガール」でも大ヒットし舞台女優としての地位を固める
  • 1982年にドラマ「淋しいのはお前だけじゃない」で梅沢富美男さんと駆け落ちする設定で共演し話題に
  • 木の実ナナさんは結婚しておらず子供もいない模様

梅沢富美男さんと禁断の恋をした超大物女優Kという触れ込みでしたが、駆け落ちの逃避行というドラマ上の設定だけでなく、

本当に恋愛感情まであったとは!正直驚きでした。

しかし木の実ナナさんは年をとっても抜群のスタイルで、当時だったらもっと凄いのは明白です。

梅沢富美男さんなら何をやっても「芸の肥やし」と言って開き直りそうですね(笑)

 

この頃は活躍した多くのアイドルや俳優、女優がいましたが…今現在は様子とは?

懐かしのアイドル、女優、お笑い芸人…一線を退いた厳選5人の衝撃の今現在とは!?