こんにちは、クマ船頭です!

今日は「踊る!さんま御殿」に出演するインヤさんにスポットを当てます。

タイ出身の女優で、日本での活動は始まったばかりですが、スーパー美人でタイのイメージが変わりそうです!

しかも父親が日本人でハーフとの情報も?

まだ日本語が微妙なインヤさんの、大御所とのトークに注目が集まりますね!

スポンサードリンク

インヤとは?出身や高校は?

インヤさんは1992年生まれの24歳、タイ王国チェンマイ県出身です。

YINGYA THANIJACHINYA というのが名前で、本当の名はもっと長いですが割愛します。

チェンマイと言えば聞いたことのある方もいるかもしれません。

ですが、チェンマイでもドイアンカーン(Doi Angkhang)という、ミャンマーとの国境近くの山岳地域の出身で、ここはタイの北端でものすごい田舎です。

でも学校は幼稚園から高校まで、チェンマイ市街にあるVaree Chiangmai Schoolに通います。

この学校は名門のインターナショナルスクールで、ヨーロッパ人や日本人の子供も通っています。

インターナショナルスクールですので、タイ語の他に英語も教えており、インヤさんも英語が話せます。

またチェンマイ市街のダンススクールにも通っており、そこでタイポップの歌やダンスの素養を身に着けました。

 

そして2007年、インヤさんの人生が大きく変わります。

タイの美少女コンテスト(Miss Teen Thailand 2007)に出場し、最年少の15歳で見事優勝したのです。

このことがきっかけでアイドル、タレントとして芸能界入りし、2009年には歌手デビューも果たします。

 

その後大学へ進学しますが、上京(?)して、バンコク大学芸術学部へ通います。

女優としてドラマや映画への出演もこなし、順風満帆のタイ芸能界人生を歩んできました。

そして2016年より満を持して日本での活動を開始しました。

所属事務所は「LIBERA(リベラ)」で、ここはローラさんやダレノガノ明美さんといった人気のハーフタレントが多く所属しています。

芸能活動をする外国人やハーフの方にとっては、ピッタリの事務所ではないでしょうか。


出典:deskgram

怪しい日本語もかわいい?

インヤさんは現在日本に暮らし、日本語を猛特訓中です。

インスタグラムを相当使用し、毎日写真をガンガン載せていますが、度々日本語が混ざっています。

インヤさんは日本語学校に通い、毎日ひらがなや漢字を練習しています。

「日本語習得はかなり難しいのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、外国人は私たち日本人が思う以上に言語スキルが高いです。

どんな外国人も1年日本語学校に通えば、一応話せるようにはなるものです。

私には日本に住む外国人の友人が多くいるので、一応実体験を基に語っています。

 

ただ、インヤさんはまだ日本語の勉強を始めて半年程度ですので、さすがに明石家さんまさんとテレビで話すのは無理があると思うのですが…。

インヤさんをどう面白く見せるのかは、さんまさんの腕にかかっていますね!

実は日本人とのハーフ?貧しく悲しい幼少時代…水着画像も次ページで詳しく!