祖父が1億円拾った?

過去にとある方が一億円を拾ったというニュースがあったのですが、その方がなんと大貫さんの親族なのです!

その方とは、大貫幹枝さんの祖父・大貫久男(おおぬき ひさお)さんです!

事件は1980年、祖父の大貫久男さんは銀座の道端で風呂敷に包まれたある物体を拾いました。

中にはなんと現金一億円が!

慌てた久男さんはすぐさま警察に届けましたが、落とし主が見つからず、6か月後には拾得者である大貫久男さんのものとなりました。

でも大変だったのはこの後。

全国的にテレビ報道され、大貫久男さんは一躍時の人となり、自宅には嫌がらせや脅迫電話がたくさん来るなど、散々だったそうです。

大貫久男さんはもらった1億円のうち3,400万円は所得税として納税しましたが、手元に残った6,500万円程の現金の一部でマンションを購入したそうです。

この一連の出来事は「一億円拾得事件」として知られており、後の1989年には神奈川県川崎市の

竹やぶで再び一億円が拾われた事件が発生していますが、拾ったのは大貫久男さんではないですよ(笑)

その後、大貫久男さんは2000年に亡くなっています。

 

ちなみに現在は落し物が警察に届いてから3ヶ月間落とし主が見つからなかった場合、拾得者のものになります。

一体どうやったらこんな大金落とすんでしょうね~。

表に出せないカネだったとしか思えません…。

海外でも宝くじに大当たりしたら殺されたニュースとか見たことありますし、どちらの方が幸せだったか考えさせられてしまいますね。

スポンサードリンク

まとめ

  • 大貫幹枝さん(大貫さん)は1981年生まれの35歳、栃木県出身
  • 立教大学を卒業、吉本興業の養成学校・東京NSCに入学
  • 東京NSC卒業の2006年に同期のおやきくん(現・ペリカン)と「タカダ・コーポレーション」を結成するも2015年に解散
  • 東京NSC同期の山西章博(やまにし あきひろ)さんと2005年から交際の末2015年に結婚
  • 2016年に旦那の山西さんと「夫婦のじかん」を結成
  • 過去、祖父の大貫久男さんが銀座で一億円を拾得したことがある

これぞまさにネタだらけの人生!

家でも劇場でも夫婦一緒というのはある意味大変ですが、仲良く頑張ってほしいですね!

クズ芸人だけど奥さんがカワイイこんなのもいることですし…

田中一彦(スーパーマラドーナ)はダメ人間でも妻がかわいい!M-1決勝を支えた芸人の妻とは