最近いろいろと震えているクマ船頭です。

最近は高齢者のクルマの事故がたくさんあって、いつ自分も巻き込まれるかわからないですね。

道路を歩くときは、いくら自分が青信号でも突っ込んでくる車がないか再確認してしまいます。

さて、怖い事件はいつの時代もあることで、今回紹介するのは違った意味で怖いものです。

その名も「イエスの方舟事件」。

宗教がらみの事件と言えば、一番に思い出されるのがオウム真理教の事件ですが、このイエスの方舟事件は一風変わった結末が。

一体どんな事件なのでしょうか??

スポンサードリンク

イエスの方舟事件とは

1975年頃に、千石剛賢(せんごく たけよし)さんが開いた聖書研究会の団体名称を「イエスの方舟(いえすのはこぶね)」といい、

これに多くの人々が集い、それぞれの家族を捨ててまで信者だけで共同生活に入っていたところをマスコミが問題化した事件、

それが「イエスの方舟事件」です。


出典:NEWSPECT

舞台は東京市部。

働きながら聖書の教えを説いて回る千石さんに、家族や社会に不満や喪失感を抱いていた若者たちは魅了されていきました。

そして1978年、千石さんと信者26人は共に全国を転々とし始めます。

それに反応したのは信者の家族たちで、警察に捜索願を出し、マスコミに告発し、終いには国会でも取り上げられるほどまでになりました。

 

ちょうど同時期、アメリカのジム・ジョーンズという宗教家が南米の小国・ガイアナで信者と共に集団自殺する事件が起こりました。

この事件では900人以上の自殺者が発生し、カルト宗教の恐怖が全世界に伝えられたのでした。

このような背景もあり、信者の家族は家に帰るよう必死に説得し、マスコミはその様子大きく報じたのでした。

 

ですが信者たちはマスコミの取材に毅然と対応し、無理やり拘束されたり、何かを強制されている様子は確認できませんでした。

このような状況から、結局警察は1人も逮捕せず、千石さんは警察に出頭したものの不起訴に終わりました。

またマスコミにより組織の実態が明るみになり、あっけない結末と共に騒ぎは収まっていきました。

スポンサードリンク

千石イエスとは

千石イエスとはマスコミが名付けた通称で、千石剛賢さんが自分で名乗っているわけではありません。

千石さんは1923年に兵庫県加西市の豪農に生まれ、太平洋戦争も経験しました。

終戦後は実家の刃物工場を営みますが失敗し、その後は職を転々とします。

20代は喧嘩ばかりしていたようで、自分は気が短く、いつか大きな事件を起こしてしまうのではと恐れていたそうです。

そんな状況もあってか、1952年に大阪で聖書研究会に入ります。

聖書に救いを求めていたのかもしれません。

その後1960年には、その会員10人と一緒に東京都国分寺市に移り、極東キリスト教会を組織しました。

そして信者と共に共同生活を始め、その組織は1975年にイエスの方舟と名称が替わりました。

騒動が起きたのはこの後です。

千石イエスのハーレムとは?次ページに!