ども、クマ船頭です!

本屋やネットで「じゃらん」と

いう旅行誌を見かけることはない

でしょうか?

この「じゃらん」の美人編集長と言われる

のが大橋菜央さんです!

なんと結婚した旦那さんが外国人とか?

「林先生が驚く 初耳学!」などに

出演され、耳寄りな旅行スポットを

紹介されていました。

美人過ぎる画像や高校、大学情報

紹介します!

スポンサードリンク

大橋菜央さんはじゃらんの美人編集長!大学は?

今回はじゃらんの美人編集長である

大橋菜央さんをとりあげてみました!

まずはプロフィールからです!

 名前 大橋 菜央(おおはし なお)

 生年月日 1984年3月1?日

 年齢   33歳

 出身地  大阪府

 身長   163cm

 血液型  A型

 趣味 ヒットネス ヨガ 水泳 旅行 着付け

 出身高校 大阪府立今宮高等学校

 

大学卒業後、リクルートに入社し、

旅行カンパニーの首都圏の営業を2年半

務めます。

その後、大橋菜央さんはじゃらんのネット

集客やグループマネージャーとして活躍。

現在は、じゃらんの美人編集長です!


出典:instagram

テレビで見ると20代と思えてしまう

ぐらいの美人編集長ですね。

じゃらんの美人編集長として活躍される

大橋菜央さんのこと、もうちょっと、見て

いきましょうね。

スポンサードリンク

美人と評判の大橋菜央さんの画像を紹介!!大学も紹介!!

美人と評判なじゃらんの編集長である

大橋菜央さんの画像をさらに紹介して

おきますね。


出典:instagram

大橋菜央さんが卒業された大学についても

触れておきます。

大橋菜央さんが卒業された大学ってどこ

なのでしょうか?

 

大橋菜央さん、美人だから、美人が多い

大学なんて思われた方もいるかも(笑)

大橋菜央さんが卒業された大学はこんな

大学です。

 

①テレビで活躍されているマナ・カナ

ちゃんも卒業している大学

②総合政策学部がある大学

大橋菜央さんも総合政策学部を卒業して

いるんですね。

環境や国際社会など学んで未来に貢献

できるようにする学部みたいです。

とっても、優秀な大学のようですね。

③兵庫県三田市にキャンパスがある大学

ここに総合政策学部がありますね。

 

これでおわかりでしょうか?

そうです!

大橋菜央さんが卒業された大学は、

「関西学院大学」なんですね。

一部には「慶応」なんて情報もありますが

関西学院大学のほうが有力ではないかと。

美人が多いかは分かりませんが(笑)

 

大橋菜央さん、大学時代にかなりの頻度で

海外旅行に行かれていたという情報も

ありますね。

さすが、編集長になるだけあって優秀な

学校を卒業されていたんですね。

スポンサードリンク

大橋菜央さんは結婚していた!!旦那(夫は) 外国人だった!!

大橋菜央さん、既に結婚されていました。

2016年に結婚されています。

え!ほんの少し前なんですね。

 

夫・旦那さんはなんと外国人の

Shaneさんです。

国際結婚なんですね!

夫・旦那さんの国籍はアメリカ

のようですね。

ハワイで結婚式も挙げられていますね。


出典:instagram

どのようにして出会ったのかも

知りたくなりますよね。

調べてはみたのですが、どうも大橋菜央

さんと外国人の旦那であるShaneさん

との出会いの話が出てこないんですね。

その代りと言ってはなんですが、旦那の

Shaneさんヨガをしているという話が

ありました。

大橋菜央さんと二人一組でヨガのポーズを

とったり、大自然の中でヨガをしたりして

いました。


出典:instagram

Shaneさんのインスタで見ました。

展望台の上で逆立ちまでしてしまう

Shaneさんなんですね。

そんな外国人のShaneさんと結婚した

大橋菜央さん、趣味も合っていたの

でしょうか。

 

ハワイに魅せられる人は後を絶たない

ですね!

   長谷川久美子のハワイの過去、離婚…娘はモデルに!ツアーも【深イイ話】

まとめ

  • 大橋菜央さんは、旅行誌じゃらんの美人編集長
  • 大阪府立今宮高校、関西学院大学・総合政策学部卒業
    (一部に「慶応」卒の情報もあり)
  • 2016年にアメリカ人のShaneさんと結婚している
  • 夫・旦那のShaneさんは大橋菜央さんと一緒にヨガもする超!イケメン

みなさんも、旅行の宿を探すときに旅行に

関係する情報を提供している「じゃらん」

を一度や二度、活用したことがあるのでは

ないでしょうか?

もしか、一度もないという方がいたら、

手にとってみるといいかもしれませんね。

また、今まで手にしたことがある方も

大橋菜央さんが編集している雑誌という

思いで読んでみると、今までとは何か違う

発見ができるかもしれませんね!