かつて美少女アイドルとしてCMなどに出演し、人気が出始めた頃に引退してしまった江戸真樹(えど まき)さん。

”伝説のCM美女E”として「爆報!THEフライデー」でとり上げられました。

かなり大変な過去を過ごしてきたようで…今回は江戸真樹さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

江戸真樹とは

江戸真樹さんは1970年生まれの45歳、和歌山県出身です。

「ライオン健康プリンセスコンテスト」というキャンペーンがあり、江戸さんは16歳の頃に応募し、7万人の中から見事優勝しました。

そのままライオン製品のCMに出演し、1986年、芸能界デビューを果たしました。

この時はまだ中学生で、東京にある芸能事務所の社長宅に居候をしていたそうです。

江戸さん本人は「軽い気持ちで応募したら受かってしまって…」と当時は困惑したそうですが、このチャンスを逃すまいとデビューを決心したようです。


出典:20世紀アイドル写真館

江戸真樹のCMや歌は?

デビューのきっかけとなったライオンの製品CMに出たのが最初のテレビ出演でした。

Ban16という制汗剤のCMです。

テレビ番組も「ヤンヤン歌うスタジオ」「加トチャンケンチャン」「たけし軍団!ヒット&ビート」「ライオンのいただきます」など、多くの番組にレギュラー出演していました。

また歌も歌っており、「I Love・あの子・夏のMaki」のシングル発売で歌手デビューも果たします。

2枚目のシングル「右上がりの初恋」も2か月後に発売しています。

シングルと言っても、CDではありません!

レコード、7インチシングルレコードです。

ちなみに酒井法子さんとは親友で、当時もらった手紙を今でも大事に持っているそうです。

出典:YouTube

江戸真樹がシングルマザー?いるのは和歌山?次ページで!