ども、クマ船頭です!

あのガクト(GACKT)さんが暮らす、マレーシアの首都・クアラルンプール(KL)を「人生で大事なことは〇〇から学んだ」で初公開します。

広さ1,700平方メートルという超豪邸とのことで、現実離れした光景が期待できますね。

さて、この自宅の場所、住所はどこなのか?

またマレーシア移住の本当の理由は何なのか?

かつてクアラルンプール(KL)に住んでいたクマ船頭が事情を詳しく解説します!

スポンサードリンク

ガクト(GACKT)とは?

ガクト(GACKT)さんは1973年生まれの43歳、沖縄県出身です。

ビジュアル系バンド・マリスミゼル(MALICE MIZER)のボーカルとして活躍していましたが、もともとはドラマーだったのです。

それ以前はピアノ、声楽を習っていて素養が豊富なのです。

しかし1999年に半ば失踪という形でマリスミゼルを脱退し、以後はソロ活動で国内外でライブを開催し活躍しています。

ビジュアル系バンド出身とうなずける、独特の美意識で彩られたルックスは熱烈なファンを持ち、その人気は衰えを知りません。

ガクト(GACKT)さんのビジュアルと言えば、常にサングラスをかけていることですが、これは眼が弱いため、光の強弱を調整する機能に問題があるためと語っています。

また食事は1日1回で専属シェフによるもの(今ではレストランに大分出かけているようですが)、睡眠時間は3時間程度という他にない生活をしているようです。

かと思えば12,3時間目覚めない時もあったり、6歳の頃に1週間も眠れないことがあったりと、なんだか長生き出来なさそうに思うのは私だけでしょうか?

 

また、英語、中国語、韓国語、フランス語が話せるそうで、かつて4か国語で曲を発表したこともありました。

その一方、和のテイストを愛する一面も見られ、2007年に出演したNHK大河ドラマ「風林火山」では、準主役の上杉謙信を演じ、独特すぎる謙信公に注目が集まりました。

私もこの「風林火山」は大好きで、今NHK-BSで毎週日曜昼に再放送しているのを再び観ています~。


出典:公式ブログ

ガクト(GACKT)の自宅の超豪邸!

そんなガクト(GACKT)さんは現在マレーシア・クアラルンプール(KL)に住んでいるとのことです。

かつては東京都世田谷区に一棟マンションを所有し暮らしていたのですが、東京国税局の税務調査が頻繁に入るなど、イメージは良くなかったようです。

ですが現在暮らす自宅は超豪華!

敷地面積1,700平方メートルを誇り、毎日専用のジムで体を鍛えています。

またレコーディングルームもあり、自宅で曲のレコーディングを行えるのです。

城壁のような外壁、プールがある広い庭、それを囲むように見渡せる開放的なリビング、溢れる熱帯雨林の緑…。

日本では絶対に見ることが出来ないゴージャスな光景に度肝を抜かれます!

スポンサードリンク

マレーシア、クアラルンプールとは?

マレーシアは東南アジアにある多民族国家で、日本からは飛行機で6~7時間、LCCで有名なエアアジアの本社がある国です。

年中を通して夏で、何月でもTシャツと短パン、サンダルで暮らせる国です。

観光地で有名なシンガポールはもともとマレーシアの一部で、第二次世界大戦後に分離独立をしました。

また最近では「移住したい国ナンバーワン」に10年連続で輝き、定年後の移住やロングステイで人気を博しています。

 

クアラルンプール(KL)はその首都で、二本の塔のようなビルがそびえたつKLCC(ツインタワー)がシンボルとなっています。

タイ・バンコクやシンガポールに比べて人口や発展度は後塵を拝していますが、現在も積極的な開発が進み、

今後シンガポールとの間に新幹線が建設されるなど、まだまだ発展の余地を残しています。

私もかつてクアラルンプール(KL)のプール、ジム付きマンションに住んでいましたが、日本よりも圧倒的に安い家賃なのが驚きです。

また料理もマレー、中華、インドが融合し、かなり美味しい料理が安く食べられます。

屋台なら1食300円程度でも十分いけるのですが、毎日だとやはり飽きてきて、たまには日本食を食べたくなるんですね。

日本食レストランもクオリティが上がってきてますが、値段は日本と変わらないか、それ以上の場合もあります…。

スポンサードリンク

ガクト(GACKT)はなぜマレーシア・クアラルンプールへ移住したの?

そもそもなぜガクト(GACKT)さんはマレーシアに移住したのでしょうか。

現在、完全な移住というよりかは、マレーシア6割・日本4割程度の二重生活をしていると語っています。

これ、私も憧れています!

私が花粉症のせいもあるのですが(笑)花粉の時期や暑すぎる時期はマレーシアで暮らしたいですね~。

実はマレーシアは日本より暑くありません。

気温は34度くらいまで上がりますが、日本と違って湿気も少なく、何より適度な風がいつも流れているのです。

ガクト(GACKT)さんも自宅紹介の際に語っていましたが、クーラーが無くても過ごせるんです(シーリングファンは要りますが)。


出典:公式ブログ

ガクト(GACKT)さんは、幼いころは病気がちで入院経験もあり、20歳前から食事療法ををきっかけに、食事にも気を付けるようになったようです。

しかし、30代で背中を痛めてしまったようで、寒いと背中が痛むとか。

それで、気候の暖かい地域への移住を考えていたようなのですね。

 

また、30代がずっと働きづくめで、人生の意味を考え始めたというガクト(GACKT)さん。

世界中を旅し、都市部が清潔なうえ、都市と自然が共存するマレーシアに魅力を感じたそうです。

 

ガクトの自宅の場所、住所はどこ?移住の「本当の理由」がヤバイ?次ページで!