クマ船頭です!

バレーボールの人気選手だった益子直美(ますこ なおみ)さんが、12歳もの年の差婚をされていたんですね。

しかも不妊治療もされていたようで、果たして結果はどうだったのでしょうか。

そして何と、最近手術をしたばっかりだったとか!

どこが悪かったのか、そして今現在の容体はどうなのでしょうか?

旦那さんの心境も気になります!

スポンサードリンク

益子直美とは

益子直美(ますこ なおみ)さんは1966年生まれの50歳、東京都葛飾区出身です。

中学生からバレーボールを始め、地元の葛飾区立金町中学校では東京都選抜で選ばれるほど、才能を開花させました。

高校も地元の共栄学園高校へ進学し、同じくバレーボールで大活躍。

強豪校である八王子実践高校の107連勝目を阻止し、高校3年では全日本メンバー入りを果たします。

「下町のマコちゃん」と親しまれ、あの大林素子さんとともに女子バレーの一時代を築きました。

高校卒業後は実業団入りし、イトーヨーカドーに入ります。

全日本優勝など目覚ましい活躍を見せるも、惜しくもオリンピックには出場できず、引退後はレポーター、タレントとして活躍します。

オリンピックやバレーボールの大きな大会では解説やレポーターでよく出演されていますね。

ちなみに身長は175センチあるそうです。

 

12歳年下の旦那と年の差婚!

2006年に自転車ロードレースの選手、山本雅道(やまもと まさみち)さんと結婚します。

結婚当時、益子直美さんは40歳、山本雅道さんは28歳でした。

12歳差の年の差婚として、注目を浴びたようですね。

 

しかし結婚当初、旦那の山本雅道さんはバリバリの自転車ロードレースの現役選手。

レーシングチームに所属し、全国はおろか、海外にまで転戦するのです。

そのため、しばらくは別居状態にあったのだそうです。

山本雅道さんは2011年に現役を引退しますが、それまでは普通の夫婦生活とまではいかなかったようですね。

スポンサードリンク

不妊治療の結果は?子供はいるの?

結婚当初、益子直美さんは既に40歳。

子供を産むことが出来るのか、心配な年齢です。

当初は自然に妊娠することを期待していたようですが、ダメだったようです。

そのため、42歳から不妊治療を始め、何とか妊娠するよう努力を続けます。

 

不妊治療って、ものすごく費用が掛かるようですね。

初めは人工授精といって、採取した精子を洗浄・濃度調整してから子宮内に入れるようです。

これなら1回2,3万円くらいのようです。

しかし人工授精がダメなら体外受精となりますが、これが非常に高く、1回10万円は軽く超えるとか。

保険も一部しか適用にならず、自治体によっては助成金があるようで、お金のやりくりにも苦労するようです。

総額100~200万円かかる場合もあり、その中で精神的に疲れ果てていく女性も少なくないようです。

夫婦としても亀裂が入ったりすることもあるようで、かけた時間とお金が幸せを産まないこともあるようです。

 

このように大変な道のりの不妊治療ですが、益子直美さんの場合は45歳をリミットと決めて取り組んでいました。

その結果は…


出典:公式ブログ

 

残念ながら、妊娠には至りませんでした…。

よって、現在も子供はおらず、夫婦2人での生活を続けているようです。

ですが、お二人とも気持ちを切り替え、最近では女性誌(STORY3月号)の取材で「不妊治療からの勇気ある撤退」と題したインタビューを受けています。

ちなみにお二人は「むぎたん」という名前の猫を飼っています。

突然の手術!病名や今現在の容体は?次ページで!