ども、クマ船頭です!

 

国民的コミック・アニメである

「ちびまる子ちゃん」ですが、なんと

作者のさくらももこ先生が

さる2018年8月15日に乳がんで亡くなった

ことがわかりました。

 

まだ53歳と若く、死後2週間後の発表で、

世の中は大きく動揺しました。

 

私も子供のころから読んでいて散々笑った

のですが、今回はアンケートに基づいた

「感動した話、神回ランキング」を

お知らせします!

スポンサードリンク

 

第5位:映画ちびまる子ちゃん~大野君と杉山君~


出典:twitter

ある日、席替えで一緒になった大野くんと
杉山くん。
2人は少し暴力的だが、いつも仲がいい。
そんな2人の夢は船乗りになること。

 

そんなある日、2人はそれぞれ運動会の隊長、
副隊長をやることになるが、ひょんとした
ことで2人は大ゲンカ。結局白組が勝つが、
まる子たちはうつむいたまま。

 

それからしばらくたって、次はクリスマス
に行われる合唱コンクールで大野くんが
独唱をすることになった。
だが、当日に声が出なくなってしまう。
ところが、杉山くんがすぐ代役で歌って
くれ、全校で2位を受賞する。
その後2人は仲直りし、元の2人に戻って
いった。

そんな中、大野くんが転校することになり…。
出典:Wikipedia

——————————————————-

大野くんが引っ越す事になったんですが、
なかなか杉山くんに言い出せずにいました。

合唱コンクールの日が近づくある日、
大野くんの引越しを杉山くんは知ります。

隠していた事へ杉山くんはくんの怒りが
こみ上げ、2人は喧嘩をしてしまいます。

 

険悪なまま合唱コンクール当日となり、
大野くんのソロパートになります。

ところが風邪を引いている大野くんは
声が出なくなります。

このピンチにすかさず杉山くんが歌い
大野くんをカバーします。

これを機に2人は仲直りします。

 

ぶつかり合っても友達のピンチには
迷わず
助ける杉山くんのかっこよさ

お別れ会で大野くんが歌をプレゼント
しますが、涙ぐみながら一生懸命
気持ちを込める大野くんと、

全てを理解し受け取る杉山くんが
男前すぎて大好きです。

 

まるちゃん達も2人の関係を理解している
ため、単純に大野くんが引っ越す事を悲し
んでいるのではないことがまた泣けます。

子供の頃に観ましたが未だに大好きな
お話です。【女性】

——————————————————-

 

自分も経験したことのある、
子ども時代のどうにもできない友達との
別れに涙が止まりませんでした。

あの2人が大好きでした。
そしてオチも最高です。笑【女性】

 

——————————————————-

 


大野君と杉山君という名コンビ、

女子には人気高いです!

このモデルの子は、その後Jリーガーに
なったとか…気になります!

ちびまる子ちゃんは劇場版もいくつか

作られていますが、こちらも中々

風変わりなコンセプトでしたね。

 

スポンサードリンク

 

第4位:「花輪邸ついに公開」「花輪クンちに来た友人帰る」の巻


出典:YouTube

——————————————————-

花輪君のお家にまるちゃん達が遊びに行き、
花輪君のお母さんは若くてきれいで
皆を優しく迎え入れてくれて、

豪華絢爛な家の調度品や美味しい食事を
振舞われ、
まるちゃん達は夢の時間を
過ごしました。

まるちゃん達が各々自宅で帰った時に
「なんでうちは大理石のお家じゃないんだ」
「もっと若くてきれいなお母さんなら
いいのに」と花輪君の家と自分を比較
しました。

そのあとシーンが変わり、花輪君はまた
お母さんと離れ離れにならねばならず、
何でも持っている花輪君がまだ甘えたい
盛りで寂しそうにしていたのが印象的です。

そこで「皆んな(まるちゃんやたまちゃん、
ヒデ爺やはまじ)がいるから寂しくないよ」
というところで終わるのがちょっと
考えさせられるシーンでした。(女性)

 

——————————————————-

 

あの花輪君にも、欲しくても手に

入らない、かけがえのない「母との時間」

があったんですね…感動。

 

スポンサードリンク

 

第3位:「永沢君の家、火事になる」の巻

——————————————————-

永沢家の隣が火事になり、
永沢君の家が燃えてしまう話。

永沢一家からしたらトバッチリですよね。
このエピソードを見たのは小学生の頃なの
ですが、あまりの理不尽さに永沢君が
可哀想になりました。

当時、永沢君が苦手でした。意地悪だから。
それと「自分達さえ火に気をつけていれば
火事は防げる」と思っていました。

いくら自分達が気をつけていても、隣が
火事を起こしたら意味がありませんよね。

火を見てパニックを起こす永沢君がリアル
すぎて怖かったです。

もし逃げ遅れていたら、炎の中で亡くなって
いた。小さな炎にさえ過剰反応してしまう。

周りからみれば滑稽かも知れませんが
本人は真剣です。

たき火や暖炉にさえ反応してしまいます。
火を見つけると、すぐに消火しようとします。

消防士に向いているのでは。
ただ必要で燃えている炎まで消してしまう

のは難点。

オリンピックの聖火リレーなんて、
永沢君からすれば「危ない!」でしょうね。

永沢君の立派な点は自分だけ逃げようと
しないところ。


火を消すのも、みんなを守りたいから。

「他人の家だと火事になっても平気」と
いう言葉も考えさせられます。

他人の不幸まで気にしていられませんよね。
【女性】

——————————————————-

永沢くんの家が火事になった話。

子供の頃に見ただけなのに、
印象に残っていると言われれば
必ず浮かぶ忘れられない話です。

子供ながら火事の怖さやクラスメイトが
もしそうなったらと考えさせられたので。
【女性】

——————————————————-

 

コレは本気でかわいそう…

不幸のかたまり、永沢君…

スポンサードリンク

 

第2位:「おかあさんの日」の巻


出典:YouTube

——————————————————-

初期の頃の作品で、母の日にまるちゃんと
お姉ちゃんがお母さんのために料理を作り、
プレゼントあげるお話でした。

お姉ちゃんと協力してグラタンやサンド
イッチなど小学生にとってはかなり手の
込んだ料理を作ってお母さんをおもてなし
する姿は、

普段、しょっちゅうケンカばかりしてる
まるちゃんとお姉ちゃんがお母さんを
喜ばせたいという一心で、楽しくやりとり
している感じがしました。

料理ができてお母さんが登場した時の
お母さんの反応が本当に嬉しそうで、
どこの家庭でもありそうな雰囲気が
出てました。

また、最後のプレゼントを渡すシーンでは
まるちゃんがプレゼントしたハンカチが、
実はお母さんが既に持っていたハンカチ
だったとお姉ちゃんがうっかり口にして
しまい、

まるちゃんが号泣して居間を
飛び出してしまいましたが、

お母さんにはまるちゃんが一生懸命選んで
くれたハンカチのほうが嬉しくて

元々持っていたお母さんのハンカチを
まるちゃんに渡すシーンは何度見ても
泣けてきました。

でも、そこはさすがちびまる子ちゃん、
最後のオチもつけてくれて泣き笑いに
なりました。【女性】

——————————————————-

 

お母さんのプレゼントにハンカチを買った
まるちゃんですが、既にお母さんが持って
いるものだと知り、ショックで泣いて
しまいます。 

するとお母さんは持っていたハンカチを
まるちゃんにプレゼントしました。

優しいお母さんの対応と、お母さんの
においがしみこんだハンカチをもらって
嬉しいまるちゃんがかわいくて
ほっこりしました。【女性】

——————————————————-

これ、最後はいいムードで終わると思い

きや、ひろしが寝ているまる子を布団まで

運ぼうとしたら、おならをかますやつ

ですよね…

 

 

スポンサードリンク

 

第1位:「たまちゃん、大好き」の巻


出典:twitter

 

まることたまちゃんがタイムカプセルを
埋める話が好きです。

タイムカプセルをうめる約束の時間に

たまちゃんが来なくて、まるこはタイム
カプセルを草むらに捨ててしまう。

次の日、たまちゃんは行けなかった
理由を
言って謝るが、

まるこは許すことが出来ない

しかし家に帰ったまるこは
たまちゃんの気持ちに気づいて
タイムカプセルを探しに行く。

その時たまたまたまちゃんが
通りかかって、一緒にタイムカプセルを
探すことに。

ここで仲直りするがタイムカプセルは
見つからなかった。

再びタイムカプセルを作ることにした2人
は、二人とも同じ内容の手紙を書いて
タイムカプセルに入れる。

親友との友情がとても素晴らしく
感動しました。【女性】

 

——————————————————-

 

大好きなたまちゃんと初めてケンカして
絶交だよ!と言ってしまう話は、
普段仲がいい2人から想像出来なくて
衝撃を受けたのをよく覚えています。

それでも優しいから自分が悪かったと
お互い謝って未来に手紙を書いたシーンは
お互い同じ内容でホッコリしました。
【女性】

——————————————————-

まるちゃんとたまちゃんはそれぞれに
宛てた手紙を書いて、十年後に開封する
タイムカプセルを埋める約束をします。

しかしその当日、たまちゃんは
待ち合わせに現れずー。

まるちゃんとたまちゃんが
ケンカをした
エピソードで、

読んでいて途中までハラハラしましたが、
ラストのひとコマが今でも忘れられない
素敵なひとコマです。

【女性】

——————————————————-

このエピソードは絵本や実写ドラマにも

なった、神回中の神回です。

 

まる子とたまちゃんがケンカなんて

するわけがない!

…そう思っていた頃が私にもありました。

 

大人が見ると本気で泣いてしまうので、

観るときは注意してください。

この話ではないですが、

「〇〇の手紙」の話で以前にも実写化

されています。

主演は人気の”あの子”です…!

 

スポンサードリンク

 

番外編:「ヒデじいの人生」の巻


出典:YouTube

——————————————————-

花輪くんにお付きのヒデじいが体調を
崩したと知ったまる子たちは、
ヒデじいの元へお見舞いに行きました。

そこで順風満帆な人生を送ってきたように
見えて、実は壮絶な体験をしていた知られ
ざるヒデじいの過去を聞かせてもらいます。

花輪家で働く中で妻になるとし子を巡って、
小山貯蔵に主人が大切にしている壺を
割った犯人にされそうになったり、

大平洋戦争になり徴兵され、敵地で敵兵に
見つかりそうになって命の危機を体験して
いたりと、まる子たちは想像もつかない
話に息を飲んだり、喜んだりします。

この話はヒデじいといういわば脇役の
キャラクターが、メインの話になっており、
当時、戦争の描写がとても印象的でした。

特にヒデじいが平岡という年下の兵士と
共に、知らず知らずの内に敵陣に入って
しまい、敵兵に一度は難を逃れたものの、

敵兵に見つかり死を覚悟した二人でした
が、敵兵が誤って地雷を踏み死んで
しまいます。

そしてその敵兵は婚約者と思われる女性の
写真を取り出し、何か呟いて息絶えます。

敵も味方もそれぞれ祖国に残した家族や
大切な人がいる。戦争の残酷さ、

家族の大切さをとても感じたストーリーで
心に残っています。
【女性】

——————————————————-


ちびまる子ちゃんって、感動話の宝庫

ですね。

 

大人が観ても泣ける、いやむしろ

大人だからこそ観たほうがいい話が

非常に多いです。

 

自分の子供時代に思いをはせながら

観るのもいいかもしれませんね…。