こんにちは、クマ船頭です。

最近、なんだか体が重い…まさか霊が!?…というのは考え過ぎで、単なる寝不足なだけでした(笑)

今日紹介するのは、かつて霊能タレントとして活躍したロックスター、池田貴族(いけだ きぞく)さんです。

音楽活動だけでなく霊感が強いタレントとしても活躍しましたが、ガンのためわずか36歳で亡くなりました。

奥さんの池田一美(いけだ かずみ)さんが「爆報!THEフライデー」に出演し語った、池田貴族さんの生きざまについて紹介します。

スポンサードリンク

池田貴族の経歴

池田貴族さんは1963年生まれ、本名は池田貴(いけだ たかし)、愛知県名古屋市出身です。

名門校でラグビーの強豪校でもある愛知県立千種高校出身ですが、上京し、渋谷の歩行者天国(ホコ天)を

活動拠点とするロックバンドremote(リモート)を1987年に結成します。

その後、渋谷のホコ天で一番人気の呼ばれるほどになり、オーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」(イカ天)に出演。

物怖じせずに発言する池田貴族さんの態度が評判を呼び、話題性はさらに大きくなりました。

1990年のメジャーデビューからわずか2年で解散するまで、数枚のシングルとアルバムをリリース。

その間にはみうらじゅんさんらとシーモンキーズをインディーズで結成するなど、積極的に音楽活動を展開していました。


出典:YouTube

remote解散後は単独の音楽活動のほか、作家や霊能タレントとしての活動も行います。

特に霊能については、父親が霊能師で池田貴族さんもその影響で霊感が強いのではと言われています。

一方恋愛面では、1992年に一美さんという元タレントの女性と同居を始め、1996年の七夕に入籍・結婚します。

 

この頃私はまだ小学生になったばかり位で、ホコ天もイカ天もまったく記憶にありません。

ただ、池田貴族さんという方がいたことは覚えていますが、何をしている人かは理解していませんでした…。

スポンサードリンク

池田貴族のがんが発覚!

それは1996年、池田さんの母親が東京の池田貴族さん宅を訪れたときのこと。

母親が池田貴族さんの顔色の悪さに心配し、病院で検査したらなんと肝細胞がんが発覚します。

その後、地元名古屋で医者である同級生に相談して手術、肝臓の4分の1を切除しました。

この時、池田貴族さんの病状はステージ3、5年後生存率は50%でした。

 

手術後、池田貴族さんは順調な回復を見せ、しかも一美さんが妊娠するという喜ばしいニュースも。

手術の際に、1歳のめいの存在に癒されたのもきっかけの一つのようです。

池田貴族さんは大いにはしゃぎ、きっと娘だ、高校生になったら~だ、などと未来の話に花を咲かせていたようでした。

 

しかし事態は急転直下。

がんの再発が発覚したのです。

手術からわずか10か月後のことでした。

池田さんは定期検査の後、必ず自宅に結果を伝える電話をしていました。

でもその時に限って一美さんのもとへは一向に電話が来ず、大分時間がたった後に池田貴族さんが帰宅し「ごめん、再発した」と告げました。

その時の2人の気持ちを想像すると、私も涙が出そうになってきます。

がんとの闘い、命をかけた伝説のライブ!次ページで!