「プレバト」で水彩画の先生として度々登場するのが野村重存(のむら しげあり)さんです。

光が溢れるような、柔らかなタッチの水彩画が印象的ですが、野村重存さんとはいったいどのような方なのでしょうか。

こちらで紹介していきます。

スポンサードリンク

野村重存とは

野村重存さんは1959年生まれの57歳、東京都出身です。

多摩美術大学(絵画科油画専攻)を卒業し、そのまま同学大学院(美術研究科絵画専攻)へ進みます。

大学院修了後はそのまま同学で助手を務め、その後は美術専門雑誌社、美術館に勤務するなど、美術漬けの日々を送ります。

美術館とは神奈川県相模原市にある「光と緑の美術館」で、個人が作った、比較的小規模な美術館です。

野村さんはこの美術館に長らく勤務しており、現在も同じ相模原市に住んでいます。


出典:ほうむたうん

現在は趣味講座などで講師を務めていたり、テレビ番組への出演もされています。

また個展も度々開いているようです。

では、以下に詳しく記していきます。


出典:筆の里工房

野村重存の作品や展覧会、個展は?

野村さんの作品ですが、実際に見ていただいた方が話が早いと思います。


出典:堆糖


出典:朝日カルチャーセンター


出典:NHK学園

 

どれも見とれてしまう作品ばかりですね。

野村さんは画家としてこれまで数多くの作品を生み出してきました。

それらを展示した個展もこれまで度々開いてきました。

近年では2015年に渋谷の東急百貨店や、丸の内の丸善本店といった、知られた場所で作品を公開しています。

 

さて、今後の展覧会や個展について色々と調べましたが、近々開かれる予定のものは判明していません。

毎年開かれるわけではなさそうなので、今後の情報に期待しましょう。

水彩画教室やレッスン、作品がある場所は?次ページで!