「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ視察団」で、日本在住の外国人料理関係者が選定した

「なくさないで欲しい日本の食ベスト20 ~冬編~」について、外国人に和食の素晴らしさを伝える3人の料理人うちの1人として、

吉岡英尋(よしおか ひでひろ)さんが出演しました。

我々日本人とは違った視点で和食を見る外国人の方々に、ハッとさせられる視点で和食を解説!

今回は吉岡英尋さんにスポットを当てます。

吉岡英尋さんの料理が食べられるお店の情報も紹介します!

スポンサードリンク

吉岡英尋とは

吉岡英尋さんは1971年生まれの45歳、東京都清瀬市出身です。

厳しい修行を重ね、和食文化を追求し、その結果としてテレビや雑誌でも多数とり上げられています。

現在は東京・恵比寿にご自身の店を持ち、多くの人々の舌を喜ばせています。


出典:日経ビジネスONLINE

吉岡英尋の過去、出身は?

吉岡さんは東京都清瀬市に生まれますが、1歳で両親が離婚し、母親に引き取られます。

そこには3世帯11人が住むという環境で育ちます。

夏休みには愛媛県の島にある祖父母宅へ行き、毎日魚を食べていたとのこと。

ここにも和食料理人になる、何らかの影響があったのかもしれません。

 

高校卒業前、吉岡さんは進路に悩みますが、大学へ進む気にもなれませんでした。

しかし大卒と肩を並べられるような仕事はないだろうか?と思案し、「料理人」の道を選ぶことに。

そして新宿の調理師専門学校に進みます。

 

私なんて、大学へ進むのが当たり前のような感覚でしたから、何の仕事で食べていくとかあまり考えたことがありませんでした。

学生時代に飲食のアルバイトをしていましたが、厳しいシェフだったんで、調理師の世界なんてありえないと当時は思いました(笑)


出典:ぐるなびシェフ

吉岡英尋の経歴は?

卒業間近、「給料が低くてもいいから技術のつくところ」という希望から、東伊豆の「つるやホテル」に勤め始めます。

「下積みとして東京で皿を洗うなら、伊豆で魚を触ったほうがいい」というのは専門学校の教師の考えでした。

 

 

それから吉岡さんは「つるやホテル」で早朝から深夜まで黙々と働き、時には200人分の料理を用意することも。

多忙で実家にも帰れず、3年という月日があっという間に過ぎていきました。

その後、「鎌倉山の鬼」と称される厳しい店に移るも、先輩との衝突で店を飛び出し、その足で今度は熱海の旅館で働いたり、

東京に戻って永田町、新宿、銀座の各名店で腕を磨いたのち、2000年にとうとう自分の店を持つに至ります。

それが東京・恵比寿『なすび亭』です!

吉岡英尋さんのお店、評判や場所は?次ページで!