古屋絵菜の個展情報!場所や日付は?

大河ドラマに採用されて以来、古屋絵菜

さんの認知度は一気に高まり、地元山梨県

でも数多くの展覧会個展が開かれました。

地元甲州市の市民会館や美術館など、

地元市民が気軽に立ち寄れる場所で開く

ことが多かったようです。

普段の暮らしからは縁遠い芸術、美術の

世界を、身近に親しんでほしい思いが

あったのかもしれませんね。


出典:山梨県

そして新たな個展の開催が決定しました!

場所は「元麻布ギャラリー 甲府店」です。

東京都の元麻布ではなく、山梨県の甲府駅

南口から徒歩一分の、ホテル東横インの

1階にあります。

(住所:山梨県甲府市丸の内2-3-2 東横INN甲府駅南口2 1F)

 

日時ですが、2017年6月17日(土)~6月26日(月)で、

午前11時~午後6時の時間で鑑賞できます。

東京からもJR中央本線の特急あずさや

特急かいじで1時間半程度で行けるので、

小旅行気分で展覧会に行くのもいいかも

しれませんね!

 

ギャラリーならではの大型作品も観れる

かもしれないので、生の迫力を味わう

なら今ですね!

スポンサードリンク

古屋絵菜のろうけつ染め作品の通販や価格は?

さて、この古屋絵菜さんの美しいろうけつ

染めの作品を手元に置いておきたいと

考えている方もいるでしょうね。

実際、ろうけつ染めは染め物ですから、

布製品なわけです。

ハンカチとか、気軽に買えたり持って

行けるものがあると嬉しいのですが…。


出典:ブルーミング中西

古屋絵菜さんの作品は通販では一切

取り扱っていないようです。

しかし、展示会や個展でもしかすると

販売の少量取り扱いがあるかも?

以前、YBS山梨放送の本社で展示会を

行った際、ハンカチ数種類が数枚置いて

あった写真が…。

もしかしたら販売物だったのかも

しれません。

 

個展や展覧会に直接足を運ぶのが、

手に入れる近道ではないかと思われます!

 

「プレバト!」で有名な水彩画の先生の作品も感動します!

野村重存の作品や展覧会、個展は?水彩画教室やレッスンの情報も!【プレバト】

まとめ

  • 1985年生まれの32歳、山梨県甲州市(旧・山梨県大和町)出身
  • 山梨県立日川高校、武蔵野美術大学を経て上海大学へ留学、帰国後に地元山梨で制作活動を行う
  • 母親もろうけつ染めをはじめとする染色作家・古屋真知子
  • 2013年の大河ドラマ・八重の桜でオープニングのタイトルバックに採用され注目が集まる
  • 現在は山梨県甲州市にアトリエを構え拠点とし、海外も交え制作活動中

やはり注目されるのは美人と

言われるそのルックス…。

まだ結婚していないようですが、もちろん

芸術を理解してくれる男性が理想なの

でしょうかね?