80年代に歌手としてヒットし活躍した竹本孝之(たけもと たかゆき)さんですが、

現在は細々と芸能活動をしながら、なんと園芸農家として働いています。

あまりにも両極端な2つの職業ですが、一体どういう経緯でそうなったのか、調べてみました。

スポンサードリンク

竹本孝之とは

竹本孝之さんは1965年生まれの51歳、長崎県出身です。

長崎東高校に通う高校1年生だった竹本さん、友人がオーディションに参加するための推薦人として協力し、

ついでに一緒に出した履歴書が通ってしまったことが芸能界入りのきっかけ。

そのまま3万人の頂点に立ってしまったというから驚きです。

まさにシンデレラストーリーですね。

もともと竹本さんは地元で大工を目指していましたが、一念発起で決断し上京。

東京の堀越高校へ転校し、歌やダンスのレッスンに取り組みました。

そして1981年、16歳で「てれてZIN ZIN」でデビューし、なんといきなり日本レコード大賞の新人賞を受賞し、一躍トップアイドルに。

ちなみに竹本さんの同期でデビューしたアイドルには、近藤真彦さん、沖田浩之さんといったスゴいメンツが揃っていました。

それらを蹴散らしてトップに輝いたということは、本当に凄いことですよね。

ドラマティックすぎて、現実の話なのか一瞬疑ってしまいました(笑)


出典:好調台発見!パチンコ・パチスロ オカルトス

竹本孝之が園芸農家?

もともと竹本さんはシンガーソングライターに興味があったようです。

中学生の頃からギターで自分の曲を作曲していたようですが、アイドルとして活動している最中は、周りから理解は得られませんでした。

しかしデビューから10年後、その思いは断ち切れずに、事務所(サンミュージック)を退社してシンガーソングライターとして転身を図ります。

が、無情にも仕事はなく、アルバイトをしながら夢を追いかけるも、その途上で結婚や子供誕生といった

人生の大きなイベントを迎えるうちにその夢も遠のき、奥さんの実家である園芸農家を継ぐ決心をします。

初めは失敗が続き、花をすべてダメにしてしまうなど苦労を重ねた結果、今では10棟もの花卉ハウスを有するまでに成功しました。

自宅がある埼玉県比企郡川島町のJA埼玉中央川島直売所で竹本さんが育てた花を買うことも出来ます。

竹本孝之の現在と昔とは!?次ページで!