ども、クマ船頭です!

今日は、かつて太平洋を約3か月間にわたって漂流しながらも生還した、諸井清二(もろい きよじ)さんにスポットを当てます。

通称”漂流おじさん”と呼ばれ一躍時の人となった諸井清二さんですが、簡単に言葉には表せない、壮絶なエピソードの数々が!

「衝撃のアノ人に会ってみた!」に諸井清二さん本人が登場します!

現在は何故かコーヒー農園を経営しているとか!?場所はどこ?

諸井清二さんの今現在や漂流の原因、様子についても解説します!

スポンサードリンク

諸井清二(漂流おじさん)とは

諸井清二(もろい きよじ)さんは大阪府茨木市にかつて住み、現在79歳です。

21歳で関西汽船(現在は商船三井に併合)に就職し、船員として外国航路にも乗船経験を重ねました。

また海技大学校に通って一等航海士の資格も取得し、ジャンボフェリーの船長にまでなっています。

趣味でも海から離れることは出来ず、ヨットを趣味としており、なんと23歳から遭難当時の56歳になっても続けていたのでした。

いつか自分のヨットで世界一周することを夢見ながら、家族のために諸井さんは一生懸命働きました。

そして気が付けば、もうすぐ定年という頃まで年を重ねていたのです。

 

運命を変えたヨットレースとは?

ある時諸井清二さんは、関西国際空港が開港した記念の「環太平洋ヨットレース」が開かれることを知り、大きく心を揺さぶられます。

ロサンゼルスなど世界5つの都市から大阪に向けてヨットで太平洋を横断するというもので、全部で130艇ほどが参加予定でした。

ルールは2人乗り以上で航行することで、パートナーには奥さんの千恵子さんを選び、退職金の一部をはたいてヨットを購入したのでした。

愛船の名は「酒呑童子号」(しゅてんどうじごう)といい、キャビン(船室)も備え長期航行にも耐えうる帆船でした。

諸井清二さんが一人でヨットで関西からロサンゼルスへ向かい、先に飛行機で向かった千恵子さんとロサンゼルスで落ち合って、2人でヨットレースに参加しながら関西へ戻る計画でした。

諸井さん夫婦は新婚旅行をしていません。

この夫婦でのヨットレース参加こそが、諸井清二さんから奥さんである千恵子さんへの新婚旅行のプレゼントと考えたのかもしれません。

諸井清二さんは、会社の慰留を振り切って、けじめとして関西汽船を退職したうえで、1994年2月11日に環太平洋ヨットレースのスタート地点であるロサンゼルスに向かうため、兵庫県西宮市の西宮港を出港しました。


出典:stn-life

ヨットが時化(しけ)で転覆!恐怖の体験

しかし、出港して1か月ほど経った3月8日、海は大しけに見舞われ、ヨットの外は一面真っ白に(しけで海水が泡立っている)。

ものすごい強風の嵐の中、諸井清二さんは転落防止用のハーネスベルトを身に着け、船外に出てヨットの安定を保つ作業をしていました。

しかし大きな衝撃と共に、諸井さんの身体が海に投げ出されてしまいます。

大きな波に持ち上げられたヨットが、まっさかさまに落ちていったのです。

しかも、諸井さんの身体とヨットを繋ぐハーネスベルトが、なんと外れてしまったのです。

ヨットと離れ、海に投げ出された諸井さん。

大荒れのしけの海に放り出されたら、船にはまず戻れません。

頭には自分が死ぬこと、家族のこと、様々な思いが去来していました…。

 

しかし!このとき奇跡が起きました。

諸井さんの目の前にはヨットの船尾があったのです。

あわててヨットにしがみついて這い上がり、キャビン(船室)にあわてて戻りました。

この時、諸井さんは本当に神の存在を信じたそうです。

 

大しけに遭遇しヨットは転覆してしまいます。

ちなみにヨットはひっくり返っても、そう簡単には沈みません。

今回の件でもヨットは浮力を完全には失っていないと思われます。

しかしこの時、帆を張るマストが折れ、操舵不能となっていました。

スポンサードリンク

92日間太平洋で漂流遭難!

ここでは、遭難直後から諸井清二さんが残した日誌を紹介します。

日々の経過や諸井さんの心情が、少ない文字数ながらも生々しく読み取れます。

3月8日 航行不能となる。

3月13日 東から西へ船が一隻。煙突が黄色い貨物船。
合図をしたが反応なし。

4月27日「何もかも残り少なく不安かな」
「助けてと合図をすれどノーアンサー」

4月30日「助け船まだ来ぬ先から乗る準備」
「いま天気どこまで続くわが命」

5月2日 雨。「叫べどもこたえてくれないアホウドリ」
貨物船、また行ってしまった。10隻目。

5月3日 霧。食料は6月中は何とかなりそう。

霧晴れるが、曇り空。
「漂流も2ヵ月たつと歌も出ず」

5月15日 69日目。晴れ。どこまでも希望を捨てずに。
最後にチャンスが来るかもしれない。

6月2日 87日目。雨。八方ふさがり。どうすればよいか

分からない。もうこれ以上進めない。
人間は過去を振り返ることはできても、

過去に戻ることはできない。
さすがに20日間、一隻の船もいないと、

あせりが出てくる。
天候もいっこうに回復しそうにないし。

このまま助からないように思えてくる。

6月4日 行方不明のまま、帰れないかもしれないと
思いだした。頑張れ清二。

6月7日 92日目。晴れ。
青い空。白い雲。光り輝く水平線の中から、
一隻の船が。
迷い子になったわが子を見つけた母親の
ように汽笛を鳴らしながら、
一直線にこちらへやってきた。
そして、静かに私の横に止まった。

出典:九十二日目の天国

私だったら、あまりの境遇に頭がおかしくなってしまうと思います。

遭難92日目にしてついに、伊豆諸島八丈島沖において、ジャマイカ船籍の貨物船、ヴィエンナ・ウッド号によって救助された諸井清二さんは、10日後の6月17日に韓国・釜山(プサン)に到着します。

ようやく諸井さんは、長い長い海での日々に終止符を打つことが出来たのでした。

 

ちなみに遭難中は、幸運にも食料は手元に残っていて、その一つが「カロリーメイト」でした。

包装のビニールも破れておらず、海水に浸かっていても全く問題なかったそうです。

このことを諸井清二さんは大絶賛しており、最大限の賛辞を送っていました。

実は諸井清二さんの奥さん・諸井千恵子さんが、船室のあらゆる場所に食料を入れておいてくれたおかげでした。

流された食料も多かったですが、それでも残った食料をかき集めれば、それなりの量になったようです。

しかし飲料水はどうしても消費量が多く、ペットボトルを逆さにして夜露を集めて飲んだそうで、水の確保には苦労したようです。

しかしこんな水の集め方、よく知っていたなと思います。

諸井さんは戦時中を生きた方ですから、サバイバル的な知識も多少あったのかもしれません。

家族(嫁(妻)、子供)の様子は?驚きの漂流遭難の原因!次ページで!