おはようございます、クマ船頭です!

さて、古事記アーティストという不思議な名を持つ、吉木誉絵(よしき のりえ)さんが

サンデー・ジャポン(サンジャポ)に出演します。

アイドル級にカワイイ顔立ちですが、一体どういうことをしている方なんでしょうか?

過去にはストーカーに狙われていたトラブルに巻き込まれていたようです…。

スポンサードリンク

吉木誉絵とは

吉木誉絵(よしき のりえ)さんは1986年生まれの30歳、東京都出身です。

母親は愛媛県出身で、ゆかりがあるようです。

高校生の時にアメリカのオーク・グローブルーテル高校へ留学し、帰国後にテンプル大学の日本キャンパスに入学します。

テンプル大学とはアメリカの大学で、日本にキャンパスを持つ海外の大学としては日本初なのです。

卒業後は慶應義塾大学大学院へ進み、法学研究科に所属します。

ここで日本国憲法を深く研究し、日本の今ある姿・形について学びました。


出典:twitter

また『古事記』をもとに日本の伝統や素晴らしさを広めるため、神社の神職の資格を取得し、

佐久弥レイ(さくや レイ)名義で、神話を基にした作品を発表するアーティストとしても活動しています。

神職の資格を持つということは、神社の神主になれるということです。

今の時代、神主も様々ですね…(吉木さんはまだ神主ではありませんが)。

 

吉木誉絵さんは竹田恒泰さんの弟子で、テキサス親父ことトニーマラーノさんとも親交があります。

と、ここまで書けばピンと来る方もいるでしょうが、吉木誉絵さんは保守系の政治思想を主張しています。

つまり、愛国保守のアイドルですね。

日本会議という保守系の政治団体と親交があり、日本会議が発行する雑誌「日本の息吹」にもインタビューで出演しています。

政治系のテレビ番組も、これまで「たかじんのそこまで言って委員会」や「朝まで生テレビ」などに出演し、

他の出演者と激論を交わしています。

他にも自衛隊のイベントに出席したり、建国記念日に講演を引き受けるなど、積極的に活動しています。

 

吉木誉絵さんは若者を中心とした対象に、日本の素晴らしさに気づいてもらうべく日々活動をしています。

30代でこの美しさ…ルックスがきっかけで政治に興味を持つ人も出てくるかもしれませんね。

私なんて、もう政治には諦めきっていますよ(笑)

にしても、メガネスタイルもすごいキュートですね!


出典:twitter

吉木誉絵は古事記アーティスト?

吉木誉絵さんは海外旅行が好きなようで、多くの国に旅しています。

海外という外から日本を見る中で、日本の文化や独自性に気づき、しかもそれが『古事記』に凝縮されていると見出します。

古事記(こじき)とは学校でも習いましたよね?

日本最古の歴史書で、1,300年以上も前に作られました。

日本のあらゆる神々について書かれており、日本の成り立ちなど多く伝説が記述されています。

 

吉木誉絵さんは佐久弥レイ(さくや レイ)というアーティスト名でも活動しており、この古事記をもとに歌を発表しています。

この名前も神話に登場する木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)がもととなっています。

最新のセカンドシングル「Regalia」のPVでは、見事な衣装と舞を披露していますよ!

このPVは4Kテレビとかで再生するとキレイかもしれませんね。

美しい日本の風景や神々しい神社がふんだんに盛り込まれ、しかし眠い感じではなく結構ロックな曲調(笑)

単純に芸術作品としても美しいですよね。

海外の外国人にもウケが良さそうです。


出典:n-Blackのブログ

吉木誉絵に彼氏はいるの?ストーカーに狙われた?次ページで!